FC2ブログ

ホツマエッセイ 「スズ」は「竹」も意味している

ホツマエッセイ 「スズ」は「竹」も意味している

こんにちは
目次のページへ
途中で中断しております。
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 鈴について、なぜ神社の正面に鈴が祀られているかについて私の感じ取ったことを、前回、雑談として話させていただきました。
 この鈴のもとおりは、鉄分を含んだ泥が葦の根っこに溜まり、長い年月を経て球状の層が出来、褐鉄鉱と呼ばれています。根っこは涸れて中は空洞になり、中の枯れた根っこが塊となり振ると音がするので鈴石と言われるようになりました。この葦原の湿原にできた鈴石が鈴の原型となったと考えられます。
 水酸化鉄「FeO(OH)」でできたこの褐鉄鉱は350~400℃という鉄よりかなり低温で分解・溶融が始まります。鈴が神社の正面に祀られているは、縄文時代に火力が充分に得られなかった時であったから、この鈴石を集め、溶かして生まれてできた鉄は非常に貴重なものであったと考えられ、尊ばれていたと思われます。

 次に、今回取り上げた「スズ」には、「鈴」以外に「竹」を示す意味が隠されていたことを知ったからです。

 スズ竹と呼ばれる竹の存在を「室井綽著 竹の世界 Part1,2 地人書房」により知りました。
本書で、スズ竹は鈴竹、根曲竹(ネマガリダケ)とも呼ばれていることを知り、この鈴竹の他にも、竹の偽年枝や、竹の開花と寿命について興味ある事柄を知りました。
 また、「両神の民俗的世界:埼玉県秩父郡旧両神村小森谷民俗誌」より、ここの方は、笹のことを「すず」鈴と呼んでいることも知りました。

① スズ竹
 紀伊半島には、スズ竹の群生地が多く、ズズ竹はミスズとも呼ばれ、ミは尊称である。この筍は春の山菜中、味の王様と呼ばれ、成長した竹稈は各種のザルとして強く美しく、山民の生活と密着しているものはない。
 著者は篠懸(すずかけ)というものを調べたとき、それは山伏が修行で大台ケ原や大峰山に登るときに着用していたコートで、雨露を防ぎ、笹葉で手足が傷つくことを防ぐためのもので、両縁と下部に小さい菊綴りがついている。実際に、大台ケ原へ実際にスズダケが群生しており覆いかぶさるなかを登山し、特に葉の長さが40cmもあり、イガスズと特別視されているスズダケは葉巾が広く見事であるとあり、もし、この道中に篠懸というコートを着用していなかったら全身傷だらけになっていただろうと感想を記されている。
 なお、信濃の枕詞にある「みすず刈る・・・」は鈴竹の必需品に対する尊称であったからと言われています。
尚、余談ですが灰田勝彦が歌っていた「鈴懸の径」の鈴懸はプラタナスのことです。


② 竹の偽年枝

 木には年輪と言うものがあり、伐採して幹を見れば年輪があり、おおよその木の年数が数えられます。竹の場合は、年輪がなく、年齢を数えるのは不可能であると思っていました。
竹の世界 室井

 
 図のように、1年生、2年生、3年生と枝の出方で区別でき、外観で枝の節を数えて年が分かることを知りました。

 本書に、偽年枝と年齢の関係で驚くことに、竹は偽年枝(偽年輪)と呼ばれて、気象条件によって、伸長生長を1年に2回繰り返すということがわかりました。
 夏、日照りが続き、水不足などにより、枝の先端の葉が枯れてしまっても、秋になり慈雨にあうと、枯れ葉の基部から翌年伸びるはずの小枝の芽を伸ばし、葉を2,3枚つけ
スポンサーサイト

ホツマエッセイ 神社の鈴の生い立ち

ホツマエッセイ 神社の鈴の生い立ち
こんにちは
目次のページへ
途中で中断しております。
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 神社の正面に鈴が祀られているのは、鈴の音が神様の御霊を引き付けるためという説明が一般的のようですが、生い立ちについては、触れておらずはっきりしていないようです。
 
 ホツマツタヱを読んでいくうちに、日本の創世記の葦原中国(あしはらなかくに)という言葉と、この鈴(すず)が結びついているような気がしました。
 
 「鈴」の生い立ちについて、古代の鉄とか金属関連を調査された方々の書物などから「鈴石」であることは承知していました。鈴石と言うのは中が空洞で振ると音がする石のことで、褐鉄鉱と呼ばれる水酸化鉄「FeO(OH)」のことですが、錫とも呼ばれていたようです。

 褐鉄鉱は、場所や形状によって、鈴石、鳴石、針鉄鉱、岩壺、高師小僧とも呼ばれているようです。
  
 火山国日本で、葦原の生茂っている茶色に色づいている水辺は鉄分が多く、長い年月をかけて葦の根元に鉄分が吸い寄せられ、水酸化鉄の被膜となって根の周りで成長し鈴の外側のようになり、やがて中に閉じ込められた葦の根は涸れはて中で固まり、振ると音が出るようになりました。鈴の原型と言えます。
 
 葦は、河川や湖沼の水際に背の高い群落を形成し、水流の少ないところに育ち、多数の茎が水中に並び立つことから、その根本には鉄分を含んだ泥が溜まりやすくなっているようです。
 
 根っこより茎の部分に纏わりついて細長いのが高師小僧と呼ばれているものです。この形の違う高師小僧も同じ水酸化鉄でできています。鉄鐸と呼ばれているものにそっくりです。
 
 では、なぜ、鈴が神社の正面に祀られているのか。それは、この鈴石を溶かして生まれた鉄は非常に貴重なものであったからです。
 昭和の時代までは「鉄は国家なり」と言われてきましたが、このホツマツタヱの前半がまとめられた紀元前660年より以前の紀元前1000年以上も昔から「鉄は国家なり」であったことが推測できます。これは、縄文時代の話になります。

 さて、この褐鉄鉱と呼ばれている水酸化鉄という化合物について、驚く事実を再確認しました。今まで、漠然と見過ごしてしまっていましたが、水酸化鉄は350~400℃で分解を始めます。

 縄文土器の焼成温度は500~600℃からサンプルによっては700~800℃であったと報告されています。土器を焼く温度より低い温度で溶融できるわけです。鉄の分子そのものが完全に熔解するのではなく、不純物と分離して液状になっていきます。
 この水酸化鉄を鉄ではなく錫という表示している方もおられました。融点が低かったので勘違いされても当然だと思いました。
 私も、鉄(Fe)の熔解温度は800℃ですので、褐鉄鉱でも同じ程度の温度が必要であると思い込んでいました。今まで、想像していた以上に低い温度で溶け始めていたことを改めて認識しました。


 では、この鈴石・褐鉄鉱である水酸化鉄をどういう方法で溶融していたかですが、今までは具体的にどのような方法をとっていたか思いつくことが出来ないでいましたが、大型の縄文土器に入れて加熱していたということに合点がいきました。

  大型の縄文土器の華麗に装飾された外観は、土器の中に入れた鈴石・褐鉄鉱に少しでも速く熱が伝わり溶融するよう多くのヒレを作って表面積を大きくしたと考えられます。以前は、縄文土器のダイナミックな外観にただ感心していただけでしたが、用途が分かった上で改めて見ると納得できる外観に感心しました。

 この褐鉄鉱で作られた鉄は、権力者の象徴として、斧などに形を変えてより一層ゆるぎないものになっていったものと考えます。

ただ、ここでの完成品は通常我々が目にしている800℃以上で熔解された鉄製品とは違い、例えて言えば、漆喰のような感じのものではなかったでしょうか。硬さは得られても、耐久性については今一つと言ったところではないでしょうか。そのため、これらの製品が現存していない理由も理解できます。

 時間の経過とともに、あちこちで縄文土器によって褐鉄鉱の溶融が出来るようになると、原料となる褐鉄鉱取りつくしてしまい、探すことも大変になって来たと推測されます。多くの臣や民の時間と労力を要して出来上がった象徴として、鈴を献上し、引き続き鈴が得られるように願ったものと考えます。

 しかし、時代と共に、この葦の根や茎に付着していた鈴石を取りつくしてしまったら、今度は褐鉄鉱が成長するまで気が遠くなるほどの時間待たなければなりません。
 早く葦原で再生できるよう土の神や水の神に祈った化身が、銅鐸となり、鉄鐸となったのではないでしょうか。

 併せて、大陸に褐鉄鉱を求めて、あるいは新たな製鉄方法を求めていたことが考えられます。
後に、大陸から大量に砂鉄を使ったタタラ製鉄が導入されるからです。

 これは、当時の産業革命です。
褐鉄鉱・鈴石を何十年、百何十年と待つことなしに、川砂に含まれている砂鉄から鉄を作り出すことが出来るようになったからです。
 
そうなると、鈴石が早く成長できるようにと祈っていた銅鐸の存在価値が忽然と消えてしまいました。

 ここで、新しいたたら製鉄を採用する者と、今までの鈴石からの方法にこだわっていた者の間で、いろいろな争いごとが起こります。






 ホツマツタヱ34綾に「いずもをまつってください」という歌が暗示しています。

    ねみかがみ みそこたからの (み=3、そ=10、こ=9→39)
    みからぬし たにみくゝりみ
    たましづか うましみかみは
    みからぬしやも

 賀茂岩倉遺跡から39の銅鐸が出現しましたが、ホツマツタヱの記述の中に、「39体の「みからぬし」(銅鐸のこと言っていると思う)を谷底に置いたままになっている」が、まさにこの状況であったと思われます。

 このホツマエッセイのきっかけは「御柱祭 火と鉄と神と 縄文時代を科学する 百瀬高子著 渓流社 2006年7月」を読んで今まで漠然としていた個所がはっきりしたからです。
ありがとうございました。

ホツマエッセイ・図表・書感の目次

ホツマエッセイ・図表・書感の目次

1 豊受神と天照神の誕生と背景を図表にしました。

2 「箱根神(オシホミミ)の背景」天照神+中宮ムカツ姫

3 神武天皇誕生の経緯と背景

4 斎宮(いつきの宮)の誕生の背景

5 古代の日本人が見ていた宇宙感に驚きます!「ミカサフミ」(神戴山書紀・高天原成る綾)に記載されていることが分かり、理解できる範囲で図解して見ました

6 ホツマツタヱ勉強会より13綾を話の展開ごとに区切り、それぞれに小目次をつけてみました。

7 魏志倭人伝の中の卑弥呼をホツマツタヱから読み解く(=4)

8 「タタラ」について  ホツマツタヱ15綾6ページより

9 剣(つるぎ)について、ホツマツタヱの記述より抜粋

10 「乙訓(おとくに)」、「羽束師(はづかし)」、「向日(むこう)」の語源をホツマツタヱから



以下(順不同)は順次取り込んでいきます。
(年月up)とあるのは、ホツマツタヱ勉強会の資料としてにまとめた時か、
他の処(本の会など)に投稿した時のものです。



11 「天照神の誕生」(201206up)

12 続 天照神 (201403up)201211up)

13 「因みあう」 14綾(201211up)

14 神社の鈴の生い立ち 34綾?(201805up)

15 「スズ」は「竹」も意味している 8,13綾(201805up)

16 神武天皇のお人柄(201107up)
17 古代の刑罰 7綾、23綾(201101up)
18 気象神社(201202up)
19 古代の日本の馬 19綾(201310up)
20  卑弥呼と邪馬台国 2(201406up)
21 「万歳(才)!」と「ヨロトシ」 (201410up)
22 このはなさくや姫 24綾(201411up)
23 海幸彦・山幸彦の物語 その1 25綾(201504up)
24 海幸彦・山幸彦の物語 その2 25綾(201507up)
25 歌は心を洗うトヨタマ姫とヒコホホデミ 26綾(201506up)
26 古代の舟 27綾(201603up)
27 天皇陛下 生前退位について(201607up)
28 「イセの道」と「スズカの道」とオホナムチが出雲を去った経緯 13綾(201808up)
29 一つ目小僧と「つるぎ」(剣) 23綾(200803up)
30 箱根の語源・同胞(はらから)の語源 24綾(201412up)
31 箱根の語源 その2 箱の意味 6綾(201501up)
32 3つの雲(201609up)
33 「雷を呼ぶ男」とは 24綾(20141213up)
34 書感 古代日本の超技術 志村忠夫著(201303up)
35 書感 富士山噴火の歴史 都司嘉宣著(201312up)
36 書感 古代の朱 松田壽男著(201502up)
37 書感「病から古代を解く」を「大同類聚方」槇佐知子著から(201703up)

「因(ちな)みあう」



こんにちは
目次のページへ
途中で中断しております。
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています

ホツマエッセイ・書感です・・・リンクがうまくつながらずちょっとお待ちを!


ホツマ・エッセイ  「因(ちな)みあう」                     2012/11/7
ジョンレノ・ホツマ

今、小生が解読中のホツマツタヱの14綾には、受精してから胎児になるまでの、妊娠した時の体内の様子も記されており、紀元前に既にこんな捉え方をしていたのかと、知れば知るほど驚嘆した次第です。
更に、幾つかの言葉が、現在の語源にもなっている事を知り奥の深さを感じています。

まず、精子のことを「なみ・うるなみ・し」と言い、卵子のことを「ち・に」と言っていたようです。もちろん、「ち」には「血」の意味もあります。
また、受精後の卵子は「あかち」とも呼んでいたようです。

「因なむ・因みあう」という言葉は、本来、この精子と卵子が合体する行為が、男女の親密な行為を示すことを知ると、なるほどと納得できることに感心します。
受精後の卵子を「あかち」というところから、赤ちゃん・赤ん坊の語源にもつながると思います。

以下に57調の歌で綴られている本文を解読してみました。

父の「なみ・うるなみ」(精子)と母の「あかち」(卵子)が因みあい受精します。(14-19)
 受精卵となり動き始めます。昼間は「ち」(卵子)が上に昇り、夜は「なみ」(精子)が上に昇ります。 これは、ちょうど、太陽と月の動きと同じです。
そして、受精卵は最初の日にゆっくり一周します。(14-20)
 2日目は2回転します。その次の日は3回転と速くなります。
 1ヶ月目には、1日当たり30回転まで動きを速めます。
 64日目には回転が限界に達します。総回転数は1,080回で回転は止まります。
 そして、やっと「みとりこ」(胎児)の姿が出来上ります。(14-21)
胞(え)衣(な)の形(胎盤)は、川車(水車)のようです。
臍の緒は御天柱(みはしら)のように丁度良く守っています。(14-22)
 その後、(64日目以降)は1日に1回転づつ動きが遅くなります。
 3月(3ヶ月後)には、動きは39回転になります。3月雛祭りにも因みます。
 「うつき」(4月)にも達したら、新緑を迎えるように、胎児も順調に育っていきます。
 「さつきさ」(5月上旬)の頃には、再び胎児の動きは元の一回転に戻っています。(14-23)

この時になると、妊婦は「さつさ」の腹帯を巻き付けます。それは、「いわた」(五臓、五つの臓器)が形を成してくるので固定するためです。 現在でも、妊娠5ヶ月目の戌の日に「いわた帯」を巻く習慣が残っています。漢字で岩田帯となっていますが、元々は内臓(五つの臓器)を固定するための意味で、紀元前から既に行なわれていたことが分かります。
 へその緒(なかくだ)を通して、「天(あめ)の火(ほ)」(聖霊)と「両親(たらちね)(精子と卵子)の火」と陰陽(めお)を胎児の中に招き入れます。
「むつ」(1月の妊娠に至ったときの睦まじい)因みの「つゆ」(羊水)が溢れます。(14-24)
 「みなつき」(6月、水無月)に入ると羊水が無くなります。そして、へその緒へ直接「ちしる」(血液)が流れ胎児を育てます。
 胎内に送られる「ちしる」(血液)は胎児の細胞を完成させていきます。(14-25)
そして、五色(いついろ)(5臓)の「はに」(埴、土台)の面を最初につくります。
 「ふづき」(7月)には「くら」(5臓)が群がって出来てきます。
「はづき」(八月)には「わた」(6腑)が出来ます。
 「ふづき」は「ふみつき」と言い、胎児が足を踏ん張り始め、「はづき」は胎児の歯が付き始める月にも当たります。
 
「なかつき」(9月)は「みめ」(見目・眉目・顔立ち)が出来てきて、「しむそよべ」(気血の運行の十四経)を作りあげます。「そ」=10、「よ」=4
 「しむそよべ」(十四経)とは、現在、漢方でも人体の気血の運行を14の経(けい)に分けたものの総称で、人体の気血を陰陽に分け、それぞれに3種、手の3陰3陽、足の3陰3陽、合わせて12経、それに任脈と督脈を加えたものです。
中国から伝わったものという認識でしたが、紀元前に既に日本に存在していたことになります。
 あわうたの48音全ての言葉の発音(声)と96通りの表情が備わります。(14-26)
 「そふ」(12月)には、胞衣を脱いで子供が誕生します。

また、別の綾(章)には
 男の欲求があっても、母の胎内を守るために、因みあってはいけません。慎みなさい。という言葉が途中何度も出てきます。(16-18)

更に、男の呼吸数は一日当たり、13,680回で、女の呼吸数は一日当たり、13,186回とあります。
計算して見ると、男は1分当たり9.5回、女は1分当たり9.2回になり、理科年表の男10.1~13.1回/分、女10.4~13.0回/分とかなり近いことに驚きます。
受精すると、母の呼吸が速くなり、一日当たり360回増え、翌日は720回、3日目には1,080回に増えます。以降、30日目には10,800回、38日目には、13,680回になると続きますが、ここから先は今の処お手上げです。

数も、全てオシデ文字という古代の文字ですので、ひらがな表記(ひ・ふ・み・よ・ゐ・む・な・や・こ・と・ち・よろ)を読むのと同じで、ひんぱんに出てくるので、すらすらとは読めず難儀しました。 原本の話が57調の歌で、あちこちにとんでいるので、小生の理解が追い付かず、まとめ難い内容でした。  以上

 続 天照神   

こんにちは
目次のページへ
途中で中断しております。
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



ホツマ・エッセイ 続 天照神                 ジョンレノ・ホツマ

ホツマツタヱは、5・7調の歌で、同じような内容のことがあちこちに点在しており、正しく理解するのが困難な所があります。そこで、天照神の誕生までの経緯と背景の部分を拾い上げ一つの図表に展開してみたところ、今まで曖昧であった関連が明確に見えてきました。
天照神を大文字に区別し、天照神誕生までを中心にして展開したものです。

特に、図右上の方の「タカミムスビ5代目」別の名を「タマギネ・トヨウケの神」(豊受神)が、天照神誕生のキーパーソンであったことが読み取れることです。

① 天照神を生んだ「イサナギ」と「イサナミ」の二人を、仲人を通して結びつけた方であったこと。
② 「ワカヒト」が天なる道を「タカミムスビ」から学んで、後に天照神になったこと。

「トヨウケ」(豊受神)は、伊勢神宮の外宮の御祭神です。現在は、食物・穀物を司る神様となっています。
これは、ホツマツタヱは漢字文化の到来以前の古代のものですが、後に漢字が到来し、「トヨウケ」という音に豊受という文字を当てはめたために意味が限定されてしまって現在に至ったものと考えます。

更に、この「トヨウケ」の居られた日高見(仙台付近)という地が、当時の日本の文明の中心であったことも推測できます。

ここでは、まだ解き明かし切れませんが、「仙台」を、音読みでなく、古代に呼ばれていただろうと思われる訓読みで読んでみるとどう読めるでしょうか?

真実は仮説より奇なり!謎解きがますます楽しくなります。           
         以上


プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード