スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16-83 姫に養子を迎え世継ぎの道が開かれました

16-40 姫に養子を迎え世継ぎの道が開かれました(16-83)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 まつりたえんを(16-83)
ひめありて よつぎみちきく



  「かしま神」は跡継ぎが途絶えて、祀りごとが絶えてしまう所でありましたが、姫に養子を迎えることができ、お陰さまで世継ぎの道が開かれました。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

16-82~83 「こもり」は驚き一旦辞退するが、お互いの立場を納得

16-39 「こもり」は驚き一旦辞退するが、お互いの立場を納得(16-82~83) 

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



ときこもり おとろきわれは(16-82)
みちのおと こやねのをやも
わがをやと かえものうけず



すると、「こもり」は驚き、私はその道の若輩もの(弟)です。「こやね」(あまのこやね)の親も私の親も同じですと言って、返礼の品は受け取りませんでした。


「こもり」(みほひこ・よろぎまろ・3代目大物主)
「こやね」(わかひこ・かすがまろ・天児屋根)



みかつちは なをはぢすゝむ(16-82)



「たけみかづち」は、それでもと言って(恥て)進呈しました。 



こもりみて つるきをおかみ(16-83)
いたゝけば



「こもり」は、その仕草を見て、その剣を拝み頂くことにしました。



 みかつちえみて(16-83)
くらなして



「たけみかづち」は、微笑み、お互いの立場(地位)を納得しあいました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-80~81 「たけみかづち」は石椎剣を「こもり」に進呈する

16-38 「たけみかづち」は石椎剣を「こもり」に進呈する(16-80~81)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 いまふしみれは(16-80)
をきながみ さかるこもりと(16-81)
くらぶれは われはあかごの
みちうけて ひとなるかえの
いしづゝを すゝめうやまふ



いま、頭を伏して見る(反省する)と、翁神(年取った私・たけみかづち)と意気に燃えている「こもり」を較べれば、私(たけみかづち)は赤子の道を受けたようなものです。
石椎剣(いしづつ)は、人(全てに於いて備わった人物・天皇・1から10まで全て)となる身代わりですと言って、この石椎剣(いしづつ)を、「たけみかづち」は「こもり」に進呈し、敬いました。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-79~80 「たけみかづち」は大男で力持ち、「うつろい神」も拉げ剣を授かる

16-37 「たけみかづち」は大男で力持ち、「うつろい神」も拉げ剣を授かる(16-79~80) 

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 あるひみとのに(16-79)
みあえして こもりをまねき(16-79)
ものかたり


 
 ある日の事、御殿で御饗をした時のことです。「こもり」(子守神)を招いて、お話しをなされました。




 わがうまれつき(16-79)
みのたけも ひたけむたあり



私は生まれながらにして、身の丈が一丈六尺(咫・尺、上代の尺度の一つ。親指と中指(一説に人さし指)とを広げた長さ)もありました。




ちからわざ やたのひとらの(16-80)
よろひきの いわをもなげて
うつろいも ひしげはたまふ
ふたつるぎ



 その上、力持ちで、普通の背丈が八尺の人が、一万人で引き動かすほどの岩も、投げるほどの大力持ちです。
 「うつろい」の神も拉が(ひしぐ、くじく・押しつぶされ)れましたので、二つの剣を賜わりました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-78~79 生まれる時のことは「かって神」に聞くように

16-36 生まれる時のことは「かって神」に聞くように(16-78~79)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



ひめのとひ うむときいかん(16-78)

 
ここで姫が問いました。生まれる時はどうなるのでしょうか。



こもりまた これはかつてが(16-78)
よくしれり われかえるのち
くだすべし(16-79)



「こもり」(子守神)が再び、答えました。この件は「かって神」が良く知っています。私は帰らなければなりませんので、後で「かって神」に聞いて確認してくださいと申されました。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-76~78 羽二重を御丈(身丈)帯と命名、腹帯に

16-35 羽二重を御丈(身丈)帯と命名、腹帯に(16-76~78)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



  うまれあひたる(16-76)
みめくみと もろのたまえば



 同じ時期に生まれ合わせた御恵に感謝すると諸神がおっしゃいました。



いめがみに いとありかたと(16-77)
ゑみすとき ちゝよろこびて
はふたゑを みたけのおびと
なしたまふ



 すると、夢の中の神が、大変ありがたいと微笑まれたとき、父は喜び、羽二重を御丈(身丈・背丈)の帯と命名されました。



はらおびなせは(16-77)
みのいきす ひたちとなりて(16-78)



 御丈(身丈・背丈)の帯と命名された羽二重を腹帯としたので、妊婦の身の「いきすひたち」(息を整え、日々の育ちを整える・養す)となりました。

現在の常陸・日立の地名の語源はこの一連の内容から来ているのでしょうね。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-75~76 「あめのこやね」の背丈は一丈二尺五寸です

16-34 「あめのこやね」の背丈は一丈二尺五寸です(16-75~76)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 ひめはこやねの(16-75)
たけしるや しれりひとたけ(16-76)
ふたゐきぞ かねきくうえの
をんたけと


 姫は「こやね」(あめのこやね)の背丈を御存じですかと聞きました。すると、知っています。一丈二尺五寸もありますと答えました。兼ねてから(以前から)聞いていた、「こやね」の御丈(身丈・背丈)です。
現在の計算では、一丈が十尺とすると3.03mにもなってしまいます。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-74~75 朽ちていた羽二重の経緯を知る

16-33 朽ちていた羽二重の経緯を知る(16-74~75)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



あらさるか こたえてひらく(16-74)
たからとの うちよりいづる
はぶたゑは きみのたまもの
ふたはあり(16-75)


 「あらさる」が、問い合わせに答えて宝物殿の扉を開きました。そして、中から取り出したものが羽二重でした。この羽二重は君からの賜物で二衣(二着)ありました。



 なすゆえしらず(16-75)
あめのはを きるもをそれて
くちんとす いまさいわいの
をしゑうる



 どうして良いものか分からず、天から賜わった衣を着るのはおそれ多く、そのまま使われないまま時間が経って、ぼろぼろになってしまいました。
 しかし、今、幸いにも謂われを教えていただきました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回のホツマツタヱ勉強会は6月19日(水)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30です。直接会場にお越しください。参加費は500円です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次回のホツマツタヱ勉強会のお知らせ

次回のホツマツタヱ勉強会のお知らせ

少し大きい文字s6月案内はがき

16-72~74 天照神は羽二重を召されて天地を祭る

16-32 天照神は羽二重を召されて天地を祭る(16-72~74)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 このみはめして(16-72)
あさことに あめつちまつり(16-73)
たらちねに つかふみこゝろ



天照神は、この羽二重の御衣を召されて(着るの尊敬語)、毎朝、天地を祀り、両親にお仕えする御心を誓いました。



そのきみも これともふせば(16-73)
みかつちも よろこびけふの
のゝおらん いわくはふたゑ(16-74



その天照神が、羽二重はこれですよと申されたら、「たけみかづち」も喜び、狭布(けふ)の布を織りました。
このことから、狭布(けふ)の布(細布)を羽二重と言うようになりました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ、次回の案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
本日のホツマツタヱ勉強会は「なかのZERO 西館学習室A・B」(JR中野駅より徒歩10分)で、18:30~20:30です。
直接会場にお越しください。
参加費は500円です。
なお、次回は6月19日(水)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-71~72 父の恵みは頭上におしいただく「あ」(天)です

16-31 父の恵みは頭上におしいただく「あ」(天)です(16-71~72)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 ちゝのめくみは(16-71)
いたゝくあ はゝのいつくし
のするはに(16-72)


 父の恵みは、頭上におしいただく(敬意を表して高くささげる) 「あ」(天)です。
これは、「おしで」文字の「た」の子音を形どる「Y」の説明のようです。
 母の慈しみは、「のするはに」(大地に大の字に踏ん張っている)を示しています。
「ら」の子音「Yを上下逆にした形」を表しているようです。

 あまてるかみも(16-72)
わすれじと いとふそよすぢ
よりあわせ めをはふたえの
みはとおり(みはとなす)


 天照神も、この事を忘れないようにと、鶴の羽を織り込んだ糸を24本撚り合わせて、「めを」(陰陽・たてよこ)を羽二重にして御衣に織りました。(御衣を作りました)


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は明日、5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-68~71 「たけみかづち」が「こもり」に帯と呼吸について問う

16-30 「たけみかづち」が「こもり」に帯と呼吸について問う(16-68~71)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 ときにみかつち(16-68)
いぶかしく いきすひたちと(16-69)
なるおびの わざにいきすは
いつこえか



 そのとき、「たけみかづち」は、疑わしいと思い尋ねました。「いきす・ひたち」帯(呼吸を整え、日々の育ちを整えるための帯)は、息(呼吸)という行為とどういう関係・意味合いがあるのでしょうか。



 ときにこもりの(16-69)
こたえには むかしとよけの
のたまふは あめよりさつく(16-70)
けふのおび あめにのとりて



 すると、「こもり」の答えは、昔、「とよけ」が宣たまわれたのは、天から授けられた、狭布(けふ)の御腹帯は、天の教えに則っていました。



ちゝのたけ くらぶるおびに(16-70)
はゝのいき ひたちとなるは
いたくなり(16-71



父親の背丈と較べて、帯の長さは同じになるようにします。
この帯は、母親の呼吸が整えられ、日々の育ち(養す・たす)を整えるように抱きかかえるものです。



 あめにうなづき(16-71)
     (あめよりいだき)
はにあみて つらなりそたつ
このためし



 天よりの48神である鶴の羽48本(縦横24羽)を一本の糸のようにつなげて編み込んで衣に仕立て上げることがこのことを示しています。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-67~68 いきす・ひたち帯は「はたれ魔」から守ります

16-29 いきす・ひたち帯は「はたれ魔」から守ります(16-67~68)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



はたれまの さわれどおびに(16-67)
とゝのひて よそやそなわる(16-68)



 「はたれ魔」が、お腹の中の赤ん坊に邪魔をしようとしましたが、この帯に織り込まれた48神(鶴の羽)にしっかり守られて何事もなく無事でした。



そのためし てれはひめきみ(16-68)
さわらねど いきすひたちと
なすおびぞ



 その前例として、姫君がきまりの悪い思いをされない(「はたれ魔」に入り込まれない)ように、「いきす・ひたち」帯をいたしました。

 「いきす」は呼吸を整えるためー(息栖神社)と、
 「ひたち」は、産後の肥立ちという言葉があるように、日々育っていく意味合いー後になって漢字では、常陸(帯)・日立という字が当てはめられていますが、元々の意味あいが分かりました。元気にお腹の中の赤ん坊が育っていく様をいっています。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-67 「いざなみ」は天照神を96ヶ月も胎内に

16-28 「いざなみ」は天照神を96ヶ月も胎内に(16-67)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 はゝのいざなみ(16-67)
ながはらみ こそむつきへて
うみたまふ あまてるかみぞ


 「いざなみ」が妊娠して母となった時、お腹の中では孕んでから96ヶ月経ってようやく生まれたのが天照神です。

長い間、待ち望んでいたということと、あるいは、想像妊娠の期間があったのでしょう。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-66~67 鶴の羽を帯に織り込む

16-27 鶴の羽を帯に織り込む(16-66~67)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 かれもろはねを(16-66)
よりたゝし をつるをたてに
めをよこに けふのほそぬの
おりもつて よそやそなわる
みはらおび(16-67)



よって、沢山の羽をよりただし(羽の軸の部分から羽小枝を取り出して、「こより」のように糸状にした)て、雄の鶴の羽24本を縦糸に、雌の鶴の羽24本を横糸に織り込んで、狭布(けふ)の細布にして、48本の羽(48神に通じる)を織り込んだ御腹帯を作り上げました。

狭布(けふ)の細布とは、古代奥州から、調・庸の代物として、貢納された巾の狭い白色の麻布と辞書にはありますが、鶴の羽を織り込んだのが本来であったことが分かりました。

「鶴の恩返し」という物語を思い出しました。実際に織り込むという行為が古代から実際にあったことを知りびっくりしました。

なお、「和漢三才図会9」の陸奥の項に、狭布(けふ)の里として、南部領(青森県)内にある。むかし細布を織り出したが、いまは絶無である。とあります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-63~66 日高見(トヨケ)の神に鶴を奉まつる。羽先は二十四本。

16-26 日高見(トヨケ)の神に鶴を奉まつる。羽先は二十四本。(16-63~66)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 ときにあめより(16-63)
にいとりの ひとはおつれば(16-64)
あまつのり


 
あるとき、天より新鳥が一羽落ちてきたので天の「のり」をいたしました。
 この鳥は鶴ということがこの後分かります。



 これはいふきの(16-64)
なるもみぢ  ばけてかつらき(16-64)
いとりやま



これは、伊吹(ヒノキ科の常緑高木で樹皮は赤褐色で縦に裂ける)が、紅葉するのはあり得ないことの前兆です。紅葉した葛城の山は化けて「いとり」(獣)の山になります。



 はねさきみれは(16-64)
ふそよすぢ かずそなわれと(16-65)
つねあらず もろとりみれは
そゐにさけ



 落ちてきた鳥の羽先(翼膜)を見ると、24本の風切り羽がありました。数は備わっていましたが、普通ではありませんでした。他の鳥を観て見ると羽先(翼膜)は15本の風切り羽になっています。



 ひたかみにつる(16-65)
たてまつる はねさきしれは
そふよなり(16-66)



  日高見(トヨケ)の神に鶴を奉りました。鶴の羽先を数えたら24ありました。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-61~63 孕みの帯は国を治める土台に例える

16-25 孕みの帯は国を治める土台に例える(16-61~63)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



はらみこを とひうるたねの(16-61)
たびやどり



お腹の中に孕んだ子供は、種(強い種籾・精子)が交わったときに留まったものなのでしょうかと聞きました。



 あるひひめかみ(16-61)
またのとひ おしえのおびは
わざありや(16-62)



 ある日、姫神が別の質問をしました。教えを受けた腹帯には、何か優れた業(働き)があるのでしょうか。

 

こもりこたえて(16-62)
たまきねの をしゑのおびは
みみのはに しなわきまえて
くにをさむ おびはゐわみの
かためなり(16-63)



 「こもり」が答えました。「たまきね」が教えるところの帯は、出産の時の土台に例えられます。品格をわきまえて、国を治めるように、帯は、岩見(岩)のようにしっかりと母体を固定します。
 
「みみ」は、身身、身二つになること。出産すること、その身その身の意味ととらえました。


 をはしたあわせ(16-63)
めはうえで



この帯は、男の子は下で合わせ、女の子は上で合わせます。



 はらみのおびは(16-63)
かつらきの よつきやしろに
みたねのる



孕みの帯(腹帯)は葛城(綿織物の一種・厚地の綾織)でしっかり固定し、立派な子種が世継ぎとなる社(家督)にぴったりとくっついて離れません。
「のる」は、載る・心にぴったりとついて離れない。心を占めてしまう。のりうつる。の意味と思います。
つまり、帯が乗り物であるという捉え方をしています。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-60~61 華と華が火花を散らせば散り、常に慎みの心を持ちなさい

16-24-7 華と華が火花を散らせば散り、常に慎みの心を持ちなさい(16-60~61)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



よつぎふみ つゝしむあやの(16-60)
はなとはな うてばちるなり
もろともに つねにつゝしみ
なわすれそこれ(16-61)

 この世嗣ぎ文慎む綾に書かれている、華(妃・あおめ)と華(妃・あおめ)が、嫉妬しあえば、奪い合いの火花を散らすことになり、お互いの全てが散り去ることになります。
常に慎みの心を持って、嫉妬しないように、決して自分というものを忘れてはいけません。自分を大切にしなさい。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-59~60 女性は邪魔だてする人を嫉み煩い、大蛇の様相になる

16-24-6 女性は邪魔だてする人を嫉み煩い、大蛇の様相になる(16-59~60)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 めはひとみちに(16-59)
おもえとも ねたみわつらふ
むねのほが おろちとなりて
こたねかむ さわりのぞかん(16-60)



 女性は一途に思うけれども、邪魔だてをする人がいると嫉み思い煩い、胸の炎が激しくなり、挙句の果てには、大蛇の様相にまでなってしまい、その邪魔だてする人の子孫・家系を喰い殺して断絶してしまうことになりかねません。

「こたね」は子孫・精子・子宮
「さわり」は邪魔という意味であり、「月の障り」は月経のことであり、「目障り・耳障り」のように、邪魔だてするものや不愉快になるものの意味があります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-58~59 自分に振り向かそうとして誰かを刺しても恨みは晴れない

16-24-5 自分に振り向かそうとして誰かを刺しても恨みは晴れない(16-58~59)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 たれさしうらむ(16-58)
ひともなし もしあやまれは
たねたちて みとがめあれど
そのひとは まだたちもたず
つゑうたず ひとうちころす(16-59)
ゆえもなし



輝きも衰え、君から寵愛を受けなくなり、自分に振りむいてくれるようにと、誰か(君に寵愛を受けている人)を刺しても、恨みが晴れるような人はいません。
もし、誤って嫉妬している人の血筋を絶つような行ないをしたら、咎めを受けます。その人は、太刀を持っているわけでもないし、杖で打ち殺すことも、人を殺すことはあり得ないことです。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-57~58 色づいた花も人も移り気でいずれ散る運命です

16-24-4 色づいた花も人も移り気でいずれ散る運命です(16-57~58)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




よそのはな めすときはその(16-57)
はなさかり つらつらおもえ
みのはなも ひともうつれば
ちるはなぞ(16-58)



 君が他の色の花(あおめ)を召し上げられるときは、その花が咲き誇りまさに花盛りのときです。(女性の最も美しい年ごろ)。
よくよく思わなければならないのは、実をむすんだ花も、新たに花盛りの花が召されると、人も移り気でいずれ散る花となる運命となります。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-57 色の華は愛でられても散れば捨てられます

16-24-3 色の華は愛でられても散れば捨てられます(16-57)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




いろのはな ひとたびめでゝ
はやちれは ちりとすてられ(16-57)



君に付き添っている色の花(華・姫)は、一旦は愛でられても、花が散ってしまえば、見向きもされずに早々と塵のように捨てられてしまうものです。花の命と同じです。

ジョンレノ・ホツマ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

16-55~56 きまり悪い思いをしても恨まず、敬いの心で仕えれば、慎みとなる

16-24-2 きまり悪い思いをしても恨まず、敬いの心で仕えれば、慎みとなる(16-55~56)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 てれはうらむな(16-55)
あげらるも ゑもべもよらず 
もとむなり



気持ちが合わず、きまりの悪い思いをしても恨んではいけません。
誉められるということは、見返りを求めて行なう行為でありません。求めてはいけません。

「え」も「べ」もは「えべ」・「えび」に通じ、「えさ・餌」とか、「海老で鯛を釣る」という言葉にも派生していると思われます。



 てればめすとも(16-55)
いくたびも おそれてのちは(16-56)
うらみなし つゝしみはこれ
もろひめら まさにしるべし(16-56)



きまりの悪い思いをして、君に仕えたとしても、何度も畏れ(おそれ)ながらお仕えしている内に、恨むこともなくなります。これが慎みとなります。
諸々の姫たちよ、この事をしっかりと理解しなさい。

「畏れ・恐れ」とは、敬い、かしこまる気持ち。畏怖(いふ)・畏敬(いけい)の念の意味。神を畏れる。

ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました
高畠精二先生のホツマツタヱのHP


案内状が入用の方は下記アドレスにご住所とお名前を記入の上メールを頂ければ私の方から案内のはがきをお送りいたします。
hotsuma.study@gmail.com
次回は5月21日(火)になります。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。