スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17-59~60 「すべ神」に知らせないとチンピラになる


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています


17-48-3 「すべ神」に知らせないとチンピラになる(17-59~60)

 しゐばふすりも(17-59)
おだけんば つらもかたるも
わけらんや すべかみそらに
しらせぬば あらこずりなる
これみうん(17-60)


 心を失った(魂が奪われた・正しい心の持ち主でなくなった)スリ(盗賊)が、悪事を働いても(おだける)、外観の顔つきや話振りからは全く分かりません。だから、「すべ神・すべら神」(天皇)・空(天)の神に早く知らせないと、頭(図)に乗り、荒々しいスリ(チンピラ・盗賊)になります。
 これが「みうん」(三つ目)です。

 榛名山噴火で埋もれている遺跡の状況が早く明らかになるといいですね。
ここの記述より、縄文晩期の榛名山噴火前の「はるな」地域で、一つ・二つ・三つのことを「ひ」・「ふ」・「み」とは別に、「うんつ」・「ふんた」・「みうん」と呼んでいたことが分かり何か不思議な気になったからです。
 「うんつ」の「う・うん」は「うい」の一息・一吹きという、最初という意味合いと解釈しました。英語の「one」ではなく「first」の意味合いですね。 
 1・2・3に続く後の4・5・6~をどう呼んでいたのか気になりましたが、まだ探し出せていません。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

17-58~59 忍び足で忍び込めば埴の神に気づかれない

17-48-2 忍び足で忍び込めば埴の神に気づかれない(17-58~59)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 あなどるすりら(17-58)
ねじけまず さそあしなんど
はにしらん いやすりたける
これふんた(17-59)



 神の取り締まりが緩いと侮った「すり」(盗賊)たちは、根性がひねくれて、抜き足差し足で忍び込んで悪事を働きます。しかし、埴(土・大地)の神は足音に気が付きません。それを良いことに「すり」(盗賊)たちは、益々付け上がってしまいます。
これが「ふんた」(二つ目)です。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-57~58 天の神は君に告げない事を良いことに野放図に振舞った

17-48-1 天の神は君に告げない事を良いことに野放図に振舞った(17-57~58)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 そらかみしれど(17-57)
すめらかみ つげなでおらは
おやおやや あらこきゝてん
おさゞずり あらさねたける(17-58)
これうんつ


 空の神(天の神・お天道様)が知っていても、「すべら神」(天皇)にお告げにならないので、親々の目を盗んだり、取り締まりの硬軟を見抜いて(取り締まりの目を盗んで)、乱暴に振舞うように荒々しく(荒れ放題に・野放図に)「すり」(盗賊)の頭になります。これが、先ず「うんつ」(一つ)です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



ジョンレノ・ホツマ

17-48 「はたれ」神の「はるな」(榛名神)が告げた(17-57)

17-48 「はたれ」神の「はるな」(榛名神)が告げた(17-57)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





はたれかみ はるなすゝみそ(17-57)
をゝんつげ


 「はたれ」神の「はるな」(榛名)が前に進み出て敬い告げられました。

 榛名山の麓に、古代の巨大遺跡が発見され発掘調査されています。古代の榛名山の噴火により埋もれていたもので、当時、この榛名山の麓を治めていた豪族の長と思われます。
 「はるなははみち」という言葉が八綾に出てきました。前後関係がよくわからないですが、現在の榛名山の語源になったことだけは確かなように思えます。


ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com



17-55~56 悪さにより、天地の神から君に告げられ、まさに恥じることです

17-47 悪さにより、天地の神から君に告げられ、まさに恥じることです(17-55~56)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 まちゆるせとも(17-55)
しなにより あめよりきみに(17-56)
つげあるぞ



 穏便に許していたとしても、科・品(悪事)の程度によって、天から君に知らされます。

 

まさにはつべし(17-56)
あめつちが わるさなせそと
さがしこそすれ


 
 まさに恥ずべきこと(恥ずかしいこと)です。天地の神がいつも悪さ(悪事)をしていないか目を光らせているからですよ。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。
  
 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-53~55 3回目の悪事で表情に現れて、問いただす。天に知れ、君が知る

17-46 3回目の悪事で表情に現れて、問いただす。天に知れ、君が知る(17-53~55)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 みたひそこなふ(17-53)
おのがむね さわぎあるより(17-54)
ことふるえ みめにあらはれ
そのぬしは



 三度目に悪事を働くと、自分の胸の中で胸騒ぎするので、殊に普段と違う震えが生じ、眉目・表情に表れてしまいます。そのため、その主は悪事を働いていることが分かってしまいます。



 かれにとひつめ(17-54)
こゝさとし またうらどえは
ついかたる(17-55)


 その故、問い詰めて、ここ(状況・やった事)を諭します。また、さらに裏問(心問・裏で何を考えているのかを問う・本心を問いただす)と、ついうっかり語り始めます。

 

 よそのうたえも(17-55)
あつかれど みつしるつげの
ふたゝびも あめのみたねと
きみのつげ



 それ以外の訴えも預かっていますが、三つ目の悪事を働いたという知らせは再び繰り返し知らされます。これは、天がご存知の悪事を、君に知らせることになります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-53 2回目の悪事にも、「はに」(埴)の神は目をつぶる

17-45 2回目の悪事にも、「はに」(埴)の神は目をつぶる(17-53)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 ふたのぬすみは(17-53)
せぐゝまり ぬきあしなすも
つちのかみ めぐみによりて
まだつげず



 2回目の盗み(悪事)をするときは、背を丸くかがめて他人に気付かれないよう抜き足差し足になります。それでも、「はに」(埴・土)の神は全て見通して知っています。しかし、「はに」(埴・土)の神の計らいで、この時にはまだ、天には知らせません。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-51~53 犯した隠し事や盗みは風の神より天に伝えられている

17-44 犯した隠し事や盗みは風の神より天に伝えられている(17-51~53)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 うつほにすめど(17-51)
そらとばず はにふみおれば
こたえしる


(風の神)は、空に住んでいても空を自在に飛ぶわけではありません。大地を踏む様子(足音、痕跡、忍び足)によって埴(土)の神は答えを見ています。



 かぜはにかみの(17-51)
まもるゆえ みるきくたびに(17-52)
よしあしも ひめもすあめに
つけあれは かくしぬすむも
みにそふる かぜよりあめに
つぐるなり(17-53)



風と埴(土)の神が守っているので、この二神が見るたび聞くたびに全ての善いことも悪いことも、朝から晩まで一日中、天に告げられています。

そのため、本人の素振り(行い・行動)の変化を見抜かれ、隠し事や盗みなどの悪事は、全て、風の神より天に告げられています。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-50~51 人は生まれた国の空気で育ち、言葉や習慣も違う

17-43 人は生まれた国の空気で育ち、言葉や習慣も違う(17-50~51)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



くにかみの いきふくかぜを(17-50)
うけうまれ いきすとなれば
ならはしの ことばもくにを
へだつれば かはれどよその

おさなこも なじめばそこの(17-51)
ふりとなる



 誰もがそれぞれの国神(国司)の息吹く風(それぞれの土地の空気・気風)を受けて生まれます。そして、その生まれた国の空気を息吸って育ちますから、習慣や言葉も国を隔てて違いがあります。
しかしながら、違いがあっても、よそから幼児を連れて来て育ててその土地に馴染めば、その国(土地)の人の振る舞い(仕草)になります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-49天照神は「人の振る舞いと本心は異なっている」と話される

17-42 天照神は「人の振る舞いと本心は異なっている」と話される(17-49)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 かみはやわして(17-49)
みことのり しばしこゝろを
しづめまて われひとふりを
つねみるに ふつくことなる



 天照神は、和わして(穏やかに)話をされました。
そういう時は、心が落ち着くまで待ちなさい。私は人の振る舞い(態度・行動)を常に見ていますが、ことごとく本心(事実)と異なっています。

 怒る気持ちが生じたとき、その場で即、怒るのではなく一日待ってから怒りなさい。
そうすれば冷静になって、自分も見え、感情的にならずに、相手に正しく理解してもらえるように叱ることができるという現在の教えにも生きています。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-48~49 「たちからを」は悪事を3回働いた制裁を聞く

再び、前の話に戻ります。

17-41 「たちからを」は悪事を3回働いた制裁を聞く(17-48~49)
 
こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



たちからを すゝみもふさく(17-48)
ぬすびとの みつめにしるゝ
つちいかん(17-49)



「たちからを」が、前に進み出て質問されました。
盗人が三回目の悪事を見つけたときにはどのような制裁をされるのでしょうか。


「たちからお」は「おもいかね」(たまつ宮の勅使・あちひこ)と「したてる姫」(いざなぎ・いざなみの長女・天照神のお姉さん)との子供になります。


「たちからお」の父になる「おもいかね」が、JR高円寺駅南口の熊野神社の摂社の気象神社に、御祭神として奉られています。前を通るたびに時空を越えて身近な存在(実在していた)に感じられるのが不思議です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ホツマツタヱ勉強会のお知らせ

ホツマツタヱ勉強会のお知らせ
次回の勉強会は2月20日(木)・3月20日(木)が勉強会になります。



img012.jpg

17-46~48 邪悪が入り込む隙を「やた(八咫)の鏡」が防ぐ

17-40 邪悪が入り込む隙を「やた(八咫)の鏡」が防ぐ(17-46~48)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



いさおしも あつきめくみの(17-46)
ゆるのりを かならずうむな(17-47)
はやるなよ はやきはたれに
おもむかで


いさおし(棟梁になる功績・立派に成長すること)を得るのに、(勤勉に)熱血・熱烈な意気と情熱をもってことにあたり、穏やかな法典(教え)を、嫌になったり飽きたり、決して焦ってはいけません。抜け目の無い「はたれ」が隙入ることになります。



 やたのかがみの(17-47)
あやきけは よこまをさるぞ
わがこゝろ いれていやすく(17-48)
あめがまもるぞ



常に「やた(八咫)の鏡」に照らして、表からは見えない裏の様子を注意深く感じ取っていれば、邪悪の入り込む隙がありません。
我が心(天照神の)を「やた(八咫)の鏡」の中に入れて、癒して(鋳ぶして)いますから 天が守ります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-45~46 十年で兆しが、三十年で梁に、五十年で棟木(一人前)になる

17-39 十年で兆しが、三十年で梁に、五十年で棟木(一人前)になる(17-45~46)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 そとせになおる(17-45)
きざしおゑ



 松の細枝(しもと・つえ)で、納得いくまで培(躾け)った結果、十年でようやく素直(真っ直ぐ)になる兆し(兆候)が現われます。松の細枝も人間も同じです。



 みそとせやゝに(17-45)
のびさかゑ もゝのつくりき
みものはり ゐもはむなきそ(17-46)



 三十年経ってようやく松の木も勢いよく成長して伸びます。
百年で「木」と言えるようになり、三百年で梁となる木になり、五百年では棟木になります。



ひとのりも そとせほゝなる(17-46)
みそのはり ゐそはむなぎの



 人間の道のり(成長・成熟する過程)も、十年で「ほほ」(頬骨・細い骨格)が出来上り、三十年で梁(はり)に相当し、五十年で棟木(むなぎ)に相当するまでに成長して、やっと一人前になります。

 梁(建物の骨組みのなかで、柱の上部の側面にホゾ(接合するための突起)差しで止めてある水平材(横架材)。柱が斜めに倒れないように建物を支える構造上重要な部材)

 棟木(小屋組みの最上部に、桁行(けたゆき)方向に取り付けられる横木。母屋(もや)とともに垂木(たるき)を受け、小屋組みを桁行方向につないで固定する)。

 この二文字から、棟梁という言葉が派生したと思われます。
棟と梁は家を支える重要な部分であるところから、大工の頭、統率者。集団のかしら。頭領。また、一国を支える重職を言います。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-43~45 覚えるまでは、鞭で真っ直ぐな子に躾けます

17-38 覚えるまでは、鞭で真っ直ぐな子に躾けます(17-43~45)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



はつよりも よからでわざを(17-43)
かえすとも もゝちをしゑて(17-44)
おぼゑずは しづむるつゑに
またをしゆ



 最初の内は良くない行為(間違った返答)であっても、百回でも千回でも教えて、それでも覚えないときには、杖で鞭(むち)うって更に教えます。



 ゑゝこはたのめ(17-44)


 そうして喜びが得られた子(良い子)は、「た」(田・宝)の「め」(芽)になります。将来を背負って立つ宝物が芽生えたことを言っています。



をしゑどの てもともまつの(17-44)
しもとつゑ おゑるまゝにて(44-45)
つちかえは



 教える人の手元には、松の細枝(しもと・鞭)杖があります。
この松の細枝(しもと・つえ)で、納得いくまで培え(躾け)ます。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-42~43 暗き子も毎日熱心に教えれば徐々に良くなる

17-37 暗き子も毎日熱心に教えれば徐々に良くなる(17-42~43)
 
こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



くらきこも こまかにをしゑ(17-42)
ひおつみて すこしはとふる
つきおへて あつくをしゑは(17-43)
にぶさるゝ



 物事に暗い子(飲み込みが遅い鈍い子)も、事細かに気長に月日をかけて、毎日熱心に教えていけば少しは透る(通る・通じ合う)ようになり、鈍さも消えていくでしょう。



 としとしまなふ(17-43)
あけほのゝ わざもはやきぞ



 さらに、年を重ねて学べば、呑み込みが遅くとも、曙(あけぼの)が迎えられるように、いつかは夜が明けて、機敏な子になるでしょう。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


 次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
 直接会場にお越しください。参加費は500円です。

 このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-41~42 機転の利く子を褒めすぎると心がねじけ「はたれ」になる

17-36 機転の利く子を褒めすぎると心がねじけ「はたれ」になる(17-41~42)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 むちおのがるゝ(17-41)
はやぎゝお ほめよろこべば
すぎねぢけ はたれとなるぞ(17-42)



一方、悪いことをしても、鞭(むち)を逃れる機敏な子(飲み込みが早く機転が利く)を、誉め過ぎて喜ぶ(おだてあげる)と有頂天になり、心がねじけて(褒めちぎると)「はたれ」になってしまいます。




あやまるな をやつゝしめよ(17-42)


ですから、勘違いしてはいけません。

鈍いからといって、厳しすぎる育て方は子供が素直な性格でなくなり暗い子になってしまいます。

一方、機敏な子(飲み込みが早く機転が利く・気が利く)だからといって、誉めすぎることの無いよう、親は子供を育てるのに行き過ぎの無いように慎みなさい。


ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-40~41 子供を厳しく躾けると素直でなくなる

17-35 子供を厳しく躾けると素直でなくなる(17-40~41)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 おやのこゝろも(17-40)
としはげし あえしのはずて
にはかゝぜ おろかにくらき



子供を厳しく育てると、親の心も、利して(鋭く)激しくなり、敢えてじっと堪える(忍ぶ・我慢する)ことが出来ず、突然の突風(子供の悪い行為に対して厳しく当たること)に対して、どうして良いか分からなくなってしまいます。

節くれた松と同じで、烈しすぎる育て方では、過ぎたるはなお及ばざるが如しで、愚かにも間違った暗い性格にしてしまいます。




にぶきこは そのあらかぜに(17-41)
ふきうたれ いたみしのべは
なおからず



鈍い(機転の利かない)子は、その荒風(突風・激しさ)に吹き飛ばされ、討たれて、痛みに(厳しい躾けに)耐えて、荒風の通り過ぎるのを待って、表づらはがまんしているようだが、素直でなくなります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-39~40 風の激しい荒岳の松は節くれて、良くなることはない

17-34 風の激しい荒岳の松は節くれて、良くなることはない(17-39~40)
 
こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



あらたけは かぜはげしくて(17-39)
にはかぶり まつぶしこぶと
わだかまり(17-40)


荒岳は、風が激しく、突然のにわか雨を被り、松の木も節くれだち、ごつごつと瘤ついてわだかまります。


 人間の子供も、荒岳のように厳しすぎる環境で育つと、心は、複雑に入り組んで、不平・不満・不安が絡み合い、素直でなくなります。ということを分かりやすく例えています。




 ちよおふるとも(17-40)
ましならす



何年(千年)経っても決して良くなることはありません。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-38~39 「こもり」の親の「みつほめ」は子供を厳しく育てた

17-33「こもり」の親の「みつほめ」は子供を厳しく育てた(17-38~39)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



をやこゝろ とけぬみほつめ(17-38)
こもりたら そのこにもとむ



親心(子供を素直に育てる親の心・姿勢)が、どうあるべきか「こもり」の親の「みほつめ」には分かりませんでした。
そのため、子供に(厳しさを)求めました。厳しく育てました。



あらだけの こゝろもがなと(17-39)
こひけれは かみのみつけに


子供に、荒岳の心(厳しい心)の持ち主であって欲しいと希った(乞い願った)ところ、神のお告げがありました。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-37~38 鏡の効用で「おけら」(厄除け)を教える

17-32 鏡の効用で「おけら」(厄除け)を教える(17-37~38)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 かねておもえば(17-37)
たすかがみ あおひとくさも
すぐとなる


以前から思っていたことですが、「たすかがみ」(治す鏡・正す鏡)とは、人民(青人草)であっても、真直ぐな人にさせます。

治す(たす・正す)八咫鏡(目的・鏡の効用)という意味でしょう。

なお、此処の個所はずーっと、天照神が「あまのこやね」(天児屋根命)に、八咫の鏡について話されている内容です。



 ひとにおけらは(17-37)
かぎりなし ながくつちかふ(17-38)
おしゑなすべき


人間にとって、「おけら」とは、あらゆる効能(厄除け・ねじけを直す)にこれ以上のものはありません。一生かかって養育するよう教え続けなければなりません。

「おけら」(朮・白朮・オケラ・アザミに似た多年草、薬効成分があり、「おけら」の陰干しにした根を室内で焚いていぶし湿気やカビを防ぐことを「おけら焚く」と呼び梅雨の時期に行われた。

「おけら詣り・白朮祭」では、京都東山の八坂神社では、 大晦日から元日に、おけらの根を入れた篝火(かがりび)を焚いて、一年の安泰を祈る。

「おけら」は”厄除け”の植物でもある。

現在では「おけら」というと所持金が全くないこと、お手上げ状態の意味になっているが元々は、邪悪を全て取り払った無垢のこと・邪悪を取り払ってもらえるような願望、を示していたことが分かります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-36~37 鏡は三種の神器(うつわのり・器の法)になる

17-31 鏡は三種の神器(うつわのり・器の法)になる(17-36~37) 

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 これもみぐさの(17-36)
うつわのり あらでいかんぞ(17-37)
ゑざらんや



 このことから、鏡は三種の神器(うつわのり・器の法)の一つになりました。荒い(ねじけた)状態からどうして静まりが得られたのでしょう。

 すなわち、鏡を見ることによって、人の心は裏表二つあることを悟ることが出来たということを言っています。

 「みぐさのうつわのり」=全ての掟を包括する器、すなわち全てを網羅する法律・三種の神器になります。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

17-35~36 甘やかすと身勝手な振る舞いになり天罰を受ける 

17-30 甘やかすと身勝手な振る舞いになり天罰を受ける。(17-35~36) 

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



すでにまえ のりをあやまる(17-35)
ますひとの ほめすぎねぢけ(17-36)
よこしまが たてをもぢけて



既に、以前のことですが、この教えを誤って(取り違えて)益人は、誉めすぎ甘やかし過ぎたため、有頂天になり邪悪な横やりが入って、礼儀として持ち合わせるべき上下の関係を無視し、身勝手な振る舞いをしました。

捩じける=ねじる・縦のことを横にする=身勝手な振る舞い
綟織(もじおり)=麻絹織物・経糸は赤・経糸に青を用いた粗い布。紗と同様。
もぢける(綟る)=よじれて抜ける・取れる(縦糸がなくなった)



とこやみの なんだやわして(17-36)
やゝしづむ



そのため、天罰を受け、常闇の涙(永遠の闇・もう一生涯浮かばれることがないと嘆く涙)でもって、反省(和わして)しました。その結果、やっとのことで、静まり(治まり・元のように平穏になる)ました。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


次回のホツマツタヱ勉強会は8月はお休みで、9月26日(木)「なかのZERO西館学習室4」で、18:30~20:30になります。
直接会場にお越しください。参加費は500円です。

このホツマツタヱ勉強会の内容などについてのお問い合わせは下記アドレスに連絡頂ければ、ご返事させていただき、次回の案内のはがきをお送りいたします。

hotsuma.study@gmail.com

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。