スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23-20 理由は、木綿・絹を染め飾るには大変な労力で、本来の田畑の耕作がおろそかになる 

23-29-2 理由は、木綿・絹を染め飾るには大変な労力で、本来の田畑の耕作がおろそかになる(23-20) 


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



そのゆえは ゆふぬのきぬを(23-20) 
そめかざる これなすひとは
たかやさで ひまかくゆえに
たもあれて


衣服を身分によって区別するその理由は、木綿布・絹布に、染色を施し、染め飾った衣服を仕上げるのには、大変な労力が要ります。そのため、田畑を耕す時間が取れず(耕さないので)、田畑の手入れがおろそかになり、田畑も荒れ放題になっているからです。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

23-20 着飾った衣服で生活が豊かに見えるが内情は困窮

23-29-1 着飾った衣服で生活が豊かに見えるが内情は困窮(23-20)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 かざるをみれば(23-20)
にぎはえと うちはくるしむ


きれいに飾った衣服を着ているのを見ると、外観からは如何にも賑わって生活が豊かであるように見えますが、実情は困窮しているのです。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-19~20 衣服を身分の位によって5段階に分ける

23-28-6 衣服を身分の位によって5段階に分ける(23-19~20)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




きるときは かみしもよゝの(23-19) 
ゐもやすく(23-20)


衣服を着るときに、身分階級の上から下まで、それぞれ別々に5段階の衣に区別をつければ、無理な競争心を煽ることなく身の程にあった生活が出来るからです。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-19 朕は十二読み織り(経糸960本)を、夏は麻、冬は木綿・絹織物を着ます

23-28-5 朕は十二読み織り(経糸960本)を、夏は麻、冬は木綿・絹織物を着ます(23-19)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




われつねに そふよみおきる(23-19)
つきのかず もはそのかたは


朕(われ)は常に十二読み織り(経糸が960本)を着ます。これは、月の数と同じです。喪に入るときは同じ十二の固織りとします。
ここでは、天照神が自分のことを朕(われ)と言っています。

なつはぬさ うみてぬのをり(23-19) 
ふゆはゆき よりてゆふをり


朕(われ)は、夏は麻(苧・からむし)を栽培して布に織ったものを着ます。冬は「ゆき」(木綿と絹・雪の白より絹)を縒った木綿布・絹布に織ったものを着ます。

麻もクワ科の一年草であることを知りました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-19 七読み織り(経糸560本)の太織りを民の衣服に

23-28-4 七読み織り(経糸560本)の太織りを民の衣服に(23-19)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




なよみより ふとのはたみの(23-19)
つねのはぞ もはむのかたは


七読み(経糸が560本)撚りの布地は、太布織りとし民の日常の衣服にします。喪に入るときは六の固織り(経糸が480本)にします。

予め、糸に紡いだものを経糸(たていと)用の長さ(例えば2m)に揃えたもの(整経する)準備するのに、何本かに束ねる単位として、80本を1読みと呼び、8本を1手と呼びます。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-28-3 八読み織り(経糸640本)は村長・部臣の衣服に(23-18~19)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




やまみもの あれをさべをみ(23-18) 
つねのはぞ もはやのかたは(23-19)


八読み織り(経糸が640本)の布地は、村長(あれおさ)や部臣(べおみ)の日常の衣服にします。喪に入るときは八の固織りとします。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-18 九読み織り(経糸720本)は連(むらじ)直(あたい)の衣服に

23-28-2 九読み織り(経糸720本)は連(むらじ)直(あたい)の衣服に(23-18)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




こよみもの むらじあたいら(23-18)
つねのはぞ もはこのかたは


九読み織り(経糸が720本)の布地は、連(むらじ・大物主の補佐)や直(あたい・県主)の日常の衣服にします。喪に入るときは九の固織りとします。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-18 十読み織り(経糸800本)は大物主神の衣服に

23-28-1 十読み織り(経糸800本)は大物主神の衣服に(23-18)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




とよみもの ものぬしかみの(23-18)
つねのはぞ もにはかたおり


十読み織り(経糸が800本)の布地は、大物主神の日常の衣服にします。喪に入るときは十の固織りにします。

固織り・固衣(かたおり・かたは)とは、織物の紋を浮かさずに糸を固く締めて織ること。織物の文様の部分をからめおさえて織ること。と辞書にあります。
今の自分にはどういったものであったかは不明。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回 10月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。
11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-18 筬を上下に動かして、木綿布も絹布も織ります

23-27-5 筬を上下に動かして、木綿布も絹布も織ります(23-18)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 をさめくらせて(23-18)
ゆふぬのも きぬもをるなり


筬(おさ)を上下に動かすことで、梭で投げ入れた横糸を織り込みます。(廻らせます)
この方法で、木綿布も絹も織ります。

紀元前に、既にこのような確かな機織りの技術を持っていたことが具体的に分かり、しかも当時の専門用語が現在まで生きながらえていることにも感銘します。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、本日9月19日(金) 時間は、18:30~20:30です。
現在、ホツマツタヱの5綾を勉強中です。
次回 10月は23日(木)、11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-18 経糸を巻筬に入れ飾りを掛け、梭を投げ入れる

23-27-4 経糸を巻筬に入れ飾りを掛け、梭を投げ入れる(23-18)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 まきをさにいれ(23-17)
かさりかけ めをふみわけて(23-18)
かひなぐる


次に、経糸(たていと)を、巻筬(真木・まきおさ)に、綾・模様の順番に糸を入れていき、飾りを掛けます。
綜杭(へぐい)で上糸・下糸を陰陽・上下に踏み分けて、交互の経糸から出来た隙間に梭をすばやく投げ入れます。

「かひなぐる」は、「掻い潜(くぐ)る」の意味で、巧みにすばやく物の下や間を通ること、投げ入れることになります。 

s-23綾ー杼
s-23綾ー筬
s-23綾ー機上げ

本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、明日9月19日(金) 時間は、18:30~20:30です。
次回 10月は23日(木)、11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-27-3 経糸を粗筬に通し、開口具の綜杭(へぐい)に揃える(23-17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 へぐゐにそろゑ (23-17)
あれをさに

整経できた経糸を開口具の綜杭(へぐい)に揃えるために、粗筬(あれおさ・あらおさ)に糸を通していきます。

「へぐい」(綜杭・綜絖・そうこう)とは、経糸を上糸と下糸とに分けて、緯糸(よこ糸)を通す隙間(杼道・ひみち・杼口・ひぐち)を開く役目の部品で、開口具のことを言います。
「あれおさ」粗筬(あらおさ)とは、糸を筬のスリットに通し、仮の布の形にする工程のようです。

また、この機能から「あれおさ」とは、村人をまとめる村長さんを意味する言葉になります。後述。
s-23綾-機織り機 新技法シリーズ はじめての織物 荒木峰子著 美術出版社発行より
s-23綾-機織り機 UP考古学選書 弥生の布を織る 竹内晶子著 東京大学出版会発行より
s-23綾-機織り機 ものと人間の文化史128 裂織(さきおり)より

本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、今週9月19日(金) 時間は、18:30~20:30です。
次回 10月は23日(木)、11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-17 経糸80本を一読み、8本を一手と呼ぶ


23-27-2 経糸80本を一読み、8本を一手と呼ぶ(23-17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




やそりひとよみ(23-17)
やりひとて


予め、糸に紡いだものを経糸(たていと)用の長さ(例えば2m)に揃えたもの(整経する)準備するのに、何本かに束ねる単位として、80本を1読みと呼び、8本を1手と呼びます。

ここで、「やそり」や「やり」の「り」は、糸玉(蚕の繭玉)から糸を引き出して糸枠や糸車に巻いておきます。この作業を「枠取り」とか「繰り返し」とも呼び、この道具を「タタリ」とか「ハヤグリ」と呼ばれてきており、末尾の「り」の音を踏んでいるように思えます。

繭玉の表面から、糸の先端を探し出して引き出す・離れさせる「り」は正に「離」という漢字がぴったりなことに驚きます。

糸の先端を8本ずつまとめて結んで1手と呼び、先端の経巻具(ちきり棒)と手前の布巻具(ちまき棒)に結びつけます。
10手(結び目10手)を1読みと数えていたことが分かります。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、今週9月19日(金) 時間は、18:30~20:30です。
次回 10月は23日(木)、11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-17 木綿は経糸800本を400羽の筬で織る

23-27-1 木綿は経糸800本を400羽の筬で織る(23-17) 


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





ゆうのはゞ たていとやもり(23-17)
をさよもは
 


木綿(ゆう)の幅は、経糸(たていと)800本を400羽(は)の筬(おさ)に通して織るものとします。

「やもり」:や=八、も=百、り=糸・本(糸の先端)
「よもは」:よ=四、も=百、は=羽

筬(おさ)は機織り機の中心ともなる経糸(たていと)の密度や布幅を整える役目をする部品です。筬羽(おさは)とも呼び、均一な厚さの細長い竹で作った薄板と考えられます。
筬(筬羽)の数は400羽とあり、筬羽と筬羽の間(筬目)に当時も2本ずつの経糸を通していたと考えられるので、経糸の総数が800本になるということが分かります。

ヨーロッパでは葦が使われていたので、reedと呼ばれていました。
この項 弥生の布を織る UP考古学選書9 竹内晶子著
東京大学出版会 参照


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、来週9月19日(金) 時間は、18:30~20:30です。
次回 10月は23日(木)、11月は26日(水)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-17 機織り(衣服)の階級を定める

23-26 機織り(衣服)の階級を定める(23-17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




われみるに ひといはかわる(23-17)
おごりがち


私が人の行いを見ていますと、人の意(心持ち・意思)は往々にして常に自分を良くしようと欲が働き、驕りの心が慢心してしまうように見抜けます。



 へりにはかたく(23-17)

 ですから、一度手にした生活環境や自分のレベルを下げることは非常に難しいことです。



かれはたの をりのりさだむ(23-17)

よって、機織り(衣服)の決まりごとを定めることにします。
(階級ごとに、着る衣服の基準を定めます)



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
10月は23日(木)同時刻になります。

会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-15~17 下流の洪水も源の一滴から生じるので最初が肝心

23-25 下流の洪水も源の一滴から生じるので最初が肝心(23-15~17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 たとえばかわの(23-15)
みなもとの ひとしつくより(23-16)
なからまし のだにあふるゝ
ひともこれ いとりゆるせは(23-16) 
よろむれて そのみちもとる


川の流れに例えて言うと、川の源は、ほんの一滴の水滴が集まり、少しずつ増えていきます。やがて小川となりその水が野や田畑に水を溢れさせるところまで増えていきます。
人も同じで、一人の悪事を許せば、万人が悪いと思わなくなり悪の群れが生じ、その道(天成道)に悖(もとる)ことになります。


さしおけば ついにはよもを(23-16)
みたれなす


そのまま手をつけずに放置しておくと、遂には四方(よも・全国)で乱れが生じることになります。


 これみなもとを(23-16)
たゞさねば おゝみつなして
ふせがれす これしらずんば
をさまらぬなり (23-17)


このように、源を正さなければ大洪水になってしまい、防ぐことが出来なくなってしまいます。このことを知らなければ国を正しく治めることは出来ません。天成道を成すには最初が肝心ということです。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-15 悪事を働いても簡単に許されれば、歯止めが利かず「はたれ」が出現

23-24 悪事を働いても簡単に許されれば、歯止めが利かず「はたれ」が出現(23-15)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 かれがおこりを(23-15)
たやすくに ゆるせばたみも
みなおこる


このことが、「が」(禍・罪)を働いても許されて問題ないという驕りの気持ち(自分だけは何をしても良いという気持ち)を容易に抱いてしまい、民も皆真似をして驕りの気持ちを持つようになります。


 これよりはたれ(23-15)
あらはるゝ


こういう状況を野放しにしていると、悪いことをしても悪いと思わない、自分勝手な「はたれ」が現われることになります。

「はたれ」については、8綾参照。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


23-14~15 「さほこ」の益人が乱れ死罪になり恩赦で逃れるが再び悪事を働き遂に罰せられる

23-23 「さほこ」の益人が乱れ死罪になり恩赦で逃れるが再び悪事を働き遂に罰せられる(23-14~15)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 さほこのくにの(23-14)
ますひとが みちをみたれば(23-15)
これをめす たゝせばころす
つみなるを さをゑてのがる


「さほこ」の国(山陰)の益人(役人)が、天成道を乱し(踏み外す)たので、お上に不正を訴えました。
罪状を糺した(罰則を数えた)ところ、死罪である365科以上在りました。しかし、その後、「さ」(祥・恩赦)を得て、死罪は免れました。


またのがに ついにあめより(23-15)
つみせらる


しかし、再び「が」(禍・罪)を働き、遂に天より罰せられることになりました。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-14 誤って殺された時には、仇を討つことが許された

23-22 誤って殺された時には、仇を討つことが許された(23-14)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 もしあやまりて(23-14) 
ころさるも かたきをとれは
ををとくと あまねくたみに
ふるゝなり


もし、悪くも無いのに誤って殺されてしまった時には、仇をとれば、殺された者の「緒」を解くことが出来ると、天下の民にあまねくお触れを出しました。
仇討は武家時代に入ってからの風習と思っていましたが、紀元前の日本に既に存在していたことに驚きました。

須田麻紗子氏の解釈を参考にさせてもらえば、このことによって、万民は怖れて罪を犯さなくなりましたとあります。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-14 刑罰を数値化し、365科で死罪に

23-21 刑罰を数値化し、365科で死罪に(23-14)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 さがをかぞえる(23-14)
みちたてゝ がのみもむそゐ
あめのみち およべはころす
みちはこれ


刑罰の罪状を分かり易く数値化する道(方法・手段)を立てました。禍(が・罪状)の合計が、「みもむそい」(3百6十5)科、すなわち天の道(天空の1周・1年の日数・地球の赤道の1周・365トメジ)に達したら死罪にしました。これが天成道(天下の道・方針)となりました。
*****************
全周が360°(360科)という表記が他にもあり、差の「5」が、混乱しているのか、梁に隠れている「5」と表現しているように思います。


「やなゐかくろい」の「ゐ」(5)
 ゑとのむそかに(22-10) 
もりあまる やな「ゐ」かくろひ
うつろもる

ををんかみ ゆるすみことは(21-29)
ゑとのすゑ やな「ゐ」かくろひ
うつろもり きねのひときを
ゐやしろにせよ
 *******************


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * *

23-13~14 私利私欲を防ぐため、物部氏を全国に遣わして治める

23-20 私利私欲を防ぐため、物部氏を全国に遣わして治める(23-13~14)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



 あめつちさりて(23-13) 
とおけれは わたくしたつる 


天地が離れるように、正しい「と」の道(正道・正義)を遠ざけてしまうと、天を見ずに目先の私利私欲に走ってしまいます。


このゆえに ものゝべよもに(23-13)
つかわして あめますひとゝ(23-14)
そへふたり


これを防ぐため、物部氏を四方(全国各地)に遣わして、天を治める益人(役人)と二人の副益人を添えて治めました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-13 「ひがしら」は日高見から、「やすくに」の村人は皆正しい考えを持つ

23-19 「ひがしら」は日高見から、「やすくに」の村人は皆正しい考えを持つ(23-13)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



ひがしらは ひたかみよりぞ(23-13)  
をさまりし そのやすくにの
ちゐもむら みなかうへあり


「ひがしら」(日頭・東・太陽の昇り始め・一日の始まり・全ての始まり)は日高見から秩序が行き届き平和になります。
その安国(靖国・平和な国・平穏な国)の千五百人の村民は、皆正しい道を抱いた頭(考え)の持ち主です。

「ひがしら」は、「ひのいづる かしらはひがし」(1綾)参照

いまこれを あわせてみちの(23-13) 
かみをさむ


 「と」の道を治めた、新しく生まれたこの千五百の村人と、この安国の千五百人を合わせて、三千の神(頭)が平和な世界を築き上げます。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

23-12~13 「いざなぎ」は毎日千五百人生み「と」の道を教え治め瑞穂を得ると応酬

23-18 「いざなぎ」は毎日千五百人生み「と」の道を教え治め瑞穂を得ると応酬(23-12~13)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 いさなぎいわく(23-12)
うるわしや ちゐものかふべ
うまんとて


「いさなぎ」は、麗しい(結構なこと)です。千五百の頭(千五百人より無数)を新たに生んでみせます。

売り言葉に買い言葉の応酬になっています。
結構でしょう!そうしたら、5割増しの1500人を毎日、生ませて見せましょう。


 うみてをさむる(23-12) 
とのみちを うけてをさむる
ちゐもむら


そして、新しく生まれた者に、正しい「と」の道を教えましょう。そして、千五百の村を治めます。

 とのみちとほり(23-12)
おほとしの みづほゑるなり(23-13)

「と」(瓊)の道がゆきわたり、年貢として瑞穂(稲穂・米)を得ることが出来ます。

「と」(瓊)の道とは、今風に言えば、正しい道となりますが、横道に逸れないこと、隙あれば他人の弱みに付け込んで自分勝手に我を出すことなく、つまり、相手の立場にたち、正道に物事を考えることを意味しているように思います。

本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回9月19日(金)時間は、18:30~20:30です。
8月はお休みです。
10月は23日(木)同時刻になります。
会場はいずれも「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)です。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

勉強会の様子(5月)がご覧になれます。
http://tokyo-nakano.genki365.net/gnkn02/pub/sheet.php?id=40560

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。