スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25-25 「とよたま姫」を正妃に、すけ妃・うち妃・しもめを各二人、計6人の局(つぼね)をそろえる

25-50 「とよたま姫」を正妃に、すけ妃・うち妃・しもめを各二人、計6人の局(つぼね)をそろえる(25-25)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 とよたまひめを(25-25)
みきさきに すけうちしもめ
ふたりづゝ むつぼねもなり
とゝのえば



「はてつみ」(住吉の神の孫)が紹介した「とよたまめ」(とよたま姫)を正妃にし、すけ妃・うち妃・しもめを各二人ずつ、計6人の局(つぼね)をそろえました。

「うつきね」は富士山の麓で生まれ、九州でお妃を迎えたことが分かります。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。

村田先生のウクレレレッスンは私にとって非常に良い気分転換になっています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回7月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室4になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

25-24~25 婚礼が決まり、新居は鹿児島宮に移ります

25-49 婚礼が決まり、新居は鹿児島宮に移ります(25-24~25)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 かこしまみやに(25-24)
うつります(25-25)


「うつきね」(筑紫の親王)は、筑紫の諸神の賛同を得て、婚礼の儀式と新居が決まり、新居は鹿児島宮に移りました。

「うつきね」(筑紫の親王)は、「天孫ににきね」(わけいかずち神)と「このはなさくや姫」の間に生まれた三つ子の三男で海幸彦とも呼ばれていました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回7月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室4になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-24 「ほたかみ」は君の御意のまま進めるよう進言

25-48 「ほたかみ」は君の御意のまま進めるよう進言(25-24)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 ときにほたかみ(25-24)
もふさくは さきにこふとき
きみのなも つくしのをきみ
これこゝの あまつかみなり
おまかせに



すると、「ほたかみ」が申すには、以前、筑紫に来られるようにお願いしたとき、君(うつきね)の名前は筑紫の親王となられていました。
既に、この地の天津神でおられます。どうか、君(うつきね)殿のお考えの通り(御意のまま)おすすめください。




 むかしはゝきみ(25-24)
あまきみに ひとよちきりて
のちにめす きみまづはかる
なおよしと



昔、御母君は、天君(ににきね)が、御幸のとき
一夜の契りを結び給い、子供が生まれてから正式に妃に召されました。今で言う、「生まれた婚」でした。
しかし、今回の君(うつきね)は、まず我々にお話しくださいました。
申し分なく良いことです。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回7月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室4になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-23 君(うつきね)は、筑紫の司神に妻を娶ることを諮る

25-47 君(うつきね)は、筑紫の司神に妻を娶ることを諮る(25-23)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 きみはつくしの(25-23)
かみあつめ われつまいれん
もろいかん(25-24)



君(うつきね)は、筑紫の司神を集め、私は妻を娶ろうと思うが皆は如何でしょうか問いました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回7月23日(木) 時間は、18:30~20:30です。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室4になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-23 「はてつみ」は君(うつきね)に、我が子を挨拶させる

25-46「はてつみ」は君(うつきね)に、我が子を挨拶させる(25-23)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています






はてつみは きみにもふさく(25-23)
わがことて ともづみひこと
ともたまめ たけつみひこと
おとたまめ つれいできみを
おがましむ



「はてつみ」(住吉の神の孫)は君(うつきね)に、我が子を謁見致したいと申し入れました。
「ともづみひこ」
「とよたまめ」
「たけつみひこ」
「おとたまめ」の2男2女を連れ出して正式に挨拶させました。

以後、この4人は君に仕える(間接的も含め)ことになっていきます。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、本日6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-22~23 「すせり宮」は助けを乞い、仲直りして帰る

25-45 「すせり宮」は助けを乞い、仲直りして帰る(25-22~23)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 なんぢたすけよ(25-22)
われながく おとのこまして
かてうけん

すると、「すせり宮」(海幸彦)は、お前ら!助けてくれ!と言い、我は、生涯、弟(山幸彦)の「こま」のようになって、糧を受けます。(言うとおりにします)

 こゝにゆるして(25-22)
むかひふね みやにかえりて(25-23) 
むつみてぞさる

ここで、二人は「すせり宮」を許しました。
そして、仲直りして、迎いの船に乗り「すせり宮」は「鵜川の宮」に帰り、「しが神」は筑紫の宮に帰りました。


迎いの舟に乗るということは、やはり遠方まで行っていたことになるようです。

「むつみてぞさる」 の「さる」には、深い意味が隠されているような気がします。後に、日嗣が山幸彦(うつきね)に、譲られる布石のように思えるからです。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、明日の6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-22 「しがの神」は、「みち」(満潮)の「たま」を投げると、今度は湖の水が溢れだし「すせり宮」は溺れそうになる

25-44-5 「しがの神」は、「みち」(満潮)の「たま」を投げると、今度は湖の水が溢れだし「すせり宮」は溺れそうになる(25-22)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 しがまたなくる(25-22)
たまのみづ あふれてすでに
しつむとき


「しがの神」は、今度は「満」(みち・満潮)の「たま」を投げると、今度は湖の水が溢れだし、「すせり宮」は溺れそうになりました。



塩土の翁が歌った歌にある「みちひのたま」と関係がありそうです。

しほづゝが めなしかたあみ(25-16)
はるべらや みちひのたまは
はでのかんかぜ


この場所は、琵琶湖での状況にしては、理解に苦しみました。
先の「みちひ」というのは、満潮干潮の満干(みちひ)を言っていることも考えられ、特に有明湾の満潮干潮の差が大きいことを示している可能性を最初に考えました。そうであれば、干潮時に純粋銀が玉状になって現れていたことが推測できるからです。満潮になったら水没してしまうことを言っているように思えます。

もう一つは、琵琶湖であれば、琵琶湖の海抜が85mあることから、インクラインの原型が何かあって、水門を開けたり(上流・下流)閉じたり(下流・上流の水門)たのかも知れないと推測しました。とすれば、舟で大阪湾から琵琶湖まで航行出来たことになるのですが???




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、今週の6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-22 「しがの神」は、追って船に乗り込むと「すせり宮」は、船から飛び降り逃げ、「やまくい」も追いかけ捕まえるて



こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




25-44-3 「しがの神」は、追って船に乗り込むと「すせり宮」は、船から飛び降りて逃げる(25-22)


 しがおひゆきて(25-22)
ふねにのる みやとびにぐる


「しが」(しがの神)は、追って行き船に乗り込みました。「みや」(すせり宮・海幸彦)は、慌てて船から飛び降りて逃げました。




25-44-4 逃げる「すせり宮」を、「やまくい」も追いかけ手を捕まえて引き戻す(25-22)


やまくひも はせゆきみやの(25-22)
てをひけは


「やまくい」も、一緒に追いかけ、逃げる「みや」(すせり宮・海幸彦)の手を捕まえて引き戻しました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-21~22 怒り狂った「すせり宮」は、舟を出して沖へ漕ぎ出す。「しがの神」が、「ひ」(干潮)の「たま」を投げると湖は干上がる



こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



25-44-1 怒り狂った「すせり宮」は、舟を出して沖へ漕ぎ出す(25-21)


いえばなお いかりてふねを(25-21) 
こぎいだす


すると、更に怒り狂った「すせり宮」は、舟を出して沖へ漕ぎ出しました。



25-44-2 「しがの神」が、「ひ」(干潮)の「たま」を投げると湖は干上がる(25-21~22)


 たまをなくれは(25-21)
うみかわく(25-22)



そこで、「しがの神」が、「干」(ひ・干潮)の「たま」を投げると湖は干上がってしまいました。


本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-21 「ち」(釣り針)を貸すときは、口糸を新しくして貸すのが常識。詫びるのが筋と叱る

25-44 「ち」(釣り針)を貸すときは、口糸を新しくして貸すのが常識。詫びるのが筋と叱る(25-21)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています






 こたえていなや(25-21)
くちいとを かえてかすはず
しればさち


そう答えるや否や「しがの神」は、「ち・鉤」(釣り針)を貸すときには、口糸を新しく取り換えて貸すのが常識である。そのぐらいのことを知って初めて幸彦という名前に値するものだ。


 しらねばおとえ(25-21) 
こまばひに わびことあれと


そんなことも知らないようならば、弟の「こまばい」になって詫びるべきだと強く言いました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-20~21 「すせり宮」は私の「ち」と言い立ち去ろうとし、なぜ我を呪うのだと言い放つ

25-43 「すせり宮」は私の「ち」と言い立ち去ろうとし、なぜ我を呪うのだと言い放つ(25-20~21)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています






 みやうかゝいて(25-20)
わがちぞと いゝつゝたつを
そでひかえ まちゞといえば
みやいかり みちなくわれを(25-21)
なせのろふ ゑにはおとから
のぼるはず



「すせり宮」(次男・さくらぎ)は、様子をうかがい乍ら確かに私の「ち・鉤」(釣り針)です。と言って、そのまま、その場を立ち去ろうとしました。
その態度に、「しがの神」は、ちょっと待ちなさいと言って「すせり宮」の袖を持って引き返そうとするのを止めました。
すると、「すせり宮」は怒り、理由もなくてなぜ我を呪う(言いがかりをつける・文句を言う)のだと言い放ち、私(兄・ゑ)には弟が直接持ってきて然るべきだと答えました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-20 「やまくい」は、君(うつきね・山幸彦)が借りた「ち」を、君に代わり「しがの神」が返しにきたと答える

25-42 「やまくい」は、君(うつきね・山幸彦)が借りた「ち」を、君に代わり「しがの神」が返しにきたと答える(25-20)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




みやあいて とえばやまくひ(25-20) 
これむかし きみがちをかり
とられしを いまとりかえし
とみやから しがのかみして
かえさしむ しがはちをもち
たてまつる




鵜川(滋賀県高島市)の兄の「すせり宮」(海幸彦)に会いに行ったところ、何事かと聞かれ、「やまくい」は、昔、君(うつきね・山幸彦)が「ち・鉤」(釣り針)を借りたとき、魚に取られたものをやっと見つけたものです。
とられた魚からとりかえしましたので、急ぎ、弟君に代わって「しがの神」がお届けにきたものです。と言って、「しがの神」は「ち・鉤」(釣り針)を掲げて奉りました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-19~20 「しがの神」は「やまくい」と共に鵜川の「すせり」宮へ

25-41 「しがの神」は「やまくい」と共に鵜川の「すせり」宮へ(25-19~20)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




しがのかみして(25-19)
かえさしむ


探し求めていた「ち・鉤」(釣り針)を見つけたので、早速、「しがの神」に返しに行ってもらう事にしました。

うつきね自身はこの筑紫の親王であったので、この地に留まらなければならなかったのでしょう。


 わにゝのりゆき(25-19)
しのみやで やまくいまねき
もろともに うかわにゆけば


「しがの神」は「わに舟」(王位の大きな舟・一番速い舟)に乗って行き、大津の「しの宮」で「やまくい」(比叡山を築いた)を招き、お付きの者も一緒に鵜川(滋賀県高島市)に行きました。

大津の「しの宮」は、ウツキネが主となっている宮になります。
「やまくい」を招いたのは、「しの宮」で「ウツキネ」留守の役をしていたからだと思います。
このとき、既に「すせり宮」(次男・さくらぎ)は、敦賀から戻っていたことになります。時間の経過が不明です。

しがの神の「しが」が滋賀県の語源になっているのでしょうか?



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-19 「ち」(釣り針)を手にし、赤女を褒めて、「よと姫」と名を賜わる

25-40 「ち」(釣り針)を手にし、赤女を褒めて、「よと姫」と名を賜わる(25-19)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




  あかめをほめて(25-19)
よとひめと きみはちをゑて
よろこひに



君(うつきね)は、赤女を褒めて、「よと姫」と名を賜わりました。
君(うつきね)は、探し求めていた「ち・鉤」(釣り針)を手にすることが出来、やっと喜ぶことが出来ました。

「よと姫」という名前は、「よもひれとれば」の「よもひれ」の「よ」と「とれば」の「と」から、「よと」姫と名付けられたようです。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-18~19  鯛は魚の王君であり、神の御饌にします。三ツ山の紋所とは鯛のことです

25-39 鯛は魚の王君であり、神の御饌にします。三ツ山の紋所とは鯛のことです。(25-18~19)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




みことのり たいはうおきみ(25-18)
みけのもの しるしはうろこ
みつやまに うつしてかえす(25-19)
みつやまの たいはこれなり


これを聞いて、君(うつきね)は詔りをしました。
鯛は魚の中の王君である。神の御饌にしましょう。紋は鱗を三つの山に描いて、返しました。
三ツ山の紋所はこの鯛のことです。


くちはいむ(25-19)

しかし、「ぐち」は忌むことになり、神の御饌には用いなくなりました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-18 「はで神」は夢で既に知っていた

25-38 「はで神」は夢で既に知っていた(25-18)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 つぐればはでは(25-18)
さきにしる ゆめにたいきて
われうおの よしなきために
くちさゝぐ われはみけにと



赤女がこのことを「はで神」に告げると、既に夢で知っていました。

鯛が私の所に来て、
「我は、魚のよしなしのために「ぐち」を捧げます。私を神の御饌にしてください。」



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-17~18 「めなし網」を使い、鯛を捕まえ、モトチ(元鉤)を得る

25-37 「めなし網」を使い、鯛を捕まえ、モトチ(元鉤)を得る(25-17~18)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 よもひれとれは(25-17)
おおたいが くちをかみさき
まえによる(25-18)


「めなし網」を使って、大きな鯛の四方全てのヒレ(尾びれ・背びれ・腹びれ・胸ひれ・尻ひれ)を捕まえてみると、この鯛が「ぐち」(スズキ目ニベ科の魚)を噛み加えていました。
そして、鯛は赤女の前に現れました。

鯛がひれ伏したことを表しているようです。

 あかめはくちに(25-18)
もとちゑて たいをいけすに
まつべしと


赤女は「ぐち」に引っ掛かっていた以前から探し求めていた鉤(ち・釣り針)を得ることが出来ました。
鯛を生簀に入れておきなさいと言いました。
(ひれ伏した鯛に生簀で待つようにと言いました。)


ここでは、モトチを元(モト・以前)のチ(鉤・釣り針)と解釈せざるを得ない。


鯛を擬人化しています。敦賀で取られた釣り針が九州にまでこの「ぐち」が泳いで流れ着くことがあり得るのだろうか??



「ぐち」はスズキ目ニベ科の魚で、砂泥底の底層近くを群れる

体はややずんぐりとし、銀白色で、えらぶたのところに大きな黒い斑紋があるのが特徴で、釣り上げると、浮きぶくろを鳴らしてグウグウとグチをこぼすように聞こえる。
 頭の中に大きい石があるので東日本ではイシモチと呼ばれ、この石は、炭酸カルシウムの沈着によってできた耳石(じせき)で、どの魚にもあるのですが、グチは特に大きくなります



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-17 赤女の考えに同意し、「めなし網」を使うことに

25-36 赤女の考えに同意し、「めなし網」を使うことに(25-17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 こゝにはでかみ(25-17)
もろあまを あかめにそえて
めなしあみ



「はで神」は、この赤女の考えに同意して、海女皆を赤女と一緒に「めなし網」を使って探すことにしました。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-17  「はで神」は、この歌をどう捉えるかを海女たちに問う

25-35 「はで神」は、この歌をどう捉えるかを海女たちに問う(25-17)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




ときにはで もろあまめして(25-17)
これをとふ ひきめはひかん
あらこあみ くちめがつりも
よしなしや あかめひとりは
めなしあみ



そこで「はで神」は、海女を皆集めて、取られた釣り針をどう探すかを聞きました。

「ひきめ」(曳き女)は「あらこ網」(地引網)を曳くのはどうでしょうと言いました。

「くちめ」(口女)は、釣り上げてはと言いましたが、今一つ良い方法とは思えませんでした。

「あかめ」(赤女)の一人が鴨船に積まれている「めなしあみ」(間無堅網)を使ってみたらどうでしょうかと提案しました。



かなり、無理がある内容というか、何か表に出せないことを避けるため、話の辻褄を合わせていくための物語にしているような気がするのですが・・・・・。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-16  鵜戸守(見張り)が、鴨舟が漂着していますと報告、舟の中に和歌が記されていた

25-34 鵜戸守(見張り)が、鴨舟が漂着していますと報告、舟の中に和歌が記されていた(25-16)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 うどもりきたり(25-16)
かたあみの たがかもかある
としのあさ うたえそむるを
とりみれば わかのうたあり



そこへ、鵜戸守(見張り)が、「はで神」の元へ来て、浜に誰のものか分からない堅網の入った鴨舟が漂着していますと報告しました。新年早々、舟の中を見ると歌札が染められており(書かれて)添えられており、取り出してみると、和歌が記されていました。



しほづゝが めなしかたあみ(25-16)
はるべらや みちひのたまは
はでのかんかぜ



塩土(しおづつ)が、間無堅網(目の込んだ網)を用意しました。春の魚(べら・すずき科)を釣り上げようとして、釣り針を取られてしまい、君は探し求められています。神風でこの舟を「はで」の神のところまで無事着いて、探してもらえないものだろうか。

「みちひのたま」の「たま」は君(山幸彦・三男うつきね)のことを言っているようにも思えました。
塩土(しおづつ)の翁は、君(山幸彦・三男うつきね)が、以前筑紫の親王であったことを知ったから、「はでのかんかぜ」で締めくくったと考えたからです。


別解釈の1(途中)
塩土(しおづつ)が、間無堅網(目の込んだ網)。はるべらや
この「たま」(地球)には、「みちひ」(満潮・干潮)があります。
「はで」の神風はこの満ち干のときに吹く風です。

「みちひのたま」は、干潮になった時、自然水銀が玉のように現れることを暗示しているようにも思えます。特に有明海は干満の差が大きく、水銀も産出していたことが窺えるからです。「たま」を地球と自然水銀の両方をかけていると思いました。

「へら」で干潮で現れた水銀を引き寄せて、目の込んだ網に取り込む。

「へら」とは、金属などを細長く薄く平らに削り,先端を少しとがらせた道具の事。
あるいは、ヘラ鮒とか魚の「べら」と掛け合わせている。


別解釈の2(更に途中)
可能性があるかどうか分かりませんが、後半部分で「みちひのたま」を投げるという記述があります。
もし、投げた場所が、琵琶湖であるならば、琵琶湖の海抜が85mあることを利用していたことの暗示のように考えてしまいます。
インクラインの原型が何かあったのかも知れないと推測しました。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-15~16 父(はで神)は事情を問い、君(山幸彦・三男うつきね)は、今までの出来事を話す

25-33 父(はで神)は事情を問い、君(山幸彦・三男うつきね)は、今までの出来事を話す(25-15~16)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 そらつかみかは(25-15)
まれひとゝ ちゝはみはもを
のそみゝて やゑのたたみを
しきもうけ ひきいれまして
ゆえをとふ



「そらつ」(空の津・天上)の方か、高貴な方がおられます。と「わか姫」は、父に告げました。
父(はで神)は、着ている衣裳を遠くから覗み見て、早速この主のために八重の畳を用意して敷き、部屋の中に入るよう申し上げました。そして、事情をお聞きになりました。



 きみあるかたち(25-15)
のたまえば はでかみしばし(25-16)
おもふとき



君(山幸彦・三男うつきね)は、今までの出来事を全てお話されました。それを聞いて「はで神」は暫し考えこんでしまいました。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-14~15 海女たちが若水を汲むとき、人影を見て驚く

25-32 海女たちが若水を汲むとき、人影を見て驚く(25-14~15)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





あまのとも あけてむれでる(25-14)
わかひめが まりにわかみつ(25-15)
くまんとす 


朝日とともに、海女たちが、戸を開けて、群がって出てきました。その中の「わか姫」が、「まり」(鋺・椀、水や食物を入れる器。椀や柄杓(ひしゃく)の類)を持って、井戸から若水を汲もうとしました。



つるべはぬれば(25-15)
かげうつる おとろきいりて
たらにつぐ


そのとき、井戸のつるべが跳ね上がったとき、人影が映ったのを見て、驚いて中に入り、父親にそのことを知らせました。

「ハヌル」は韓国語で「空」を意味しています。何となくイメージ出来ます。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-14 日が暮れ「はえば」や「ゆづり葉」を敷き詰め、寝て夜明けを待つ

25-31 日が暮れ「はえば」や「ゆづり葉」を敷き詰め、寝て夜明けを待つ(25-14)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





ひもくれて はゑばゆつりは(25-14)
しきもして いねもせてまつ



やがて、日が暮れてきたので、「はえば」(うらじろ)や「ゆづり葉」(楪・譲葉)を敷き詰めて、寝て夜が明けるのを待ちました。


「はえば」は「うらじろ」のことで、昔の山師は金鉱脈を探すのに「うらじろ」が群生している所を目安にしていたようです。

前述の「うてなかがやく」という「かがやく」は金のことを暗示していたことが分かります。

「かがやく」という言葉が、
どの紋であったか、後日見直しますが、仙台地方の金華山のところでも同じ表現があったような気がします。
11綾の最後に僅かですが出ていました

後の29綾にも神武天皇が「ながすねひこ」と戦っている所で「こかね うのとり ・・・ そのひかり てりかがやけば・・」とあるようにここでも「金」が見え隠れしています。
熊野(紀州鉱山)で産出される銅は金の含有が多かったようで、どちらも、「金」にまつわっていることが分かって来ました。


そういう気で読み直すと、「しきもして」と「いねもせて」には、「敷き詰めて、寝て夜明けを待つ」という本来の意味の他に、「もして」は「燃す」という、金鉱石の精錬が行われていた暗示があるようにとれます。
更に、「いね」は稲の他に鋳ものの鉱石を暗示しているようにも思えます。なぜなら、この付近には金鉱脈があったと考えられるからです。現在でも鹿児島県の菱刈鉱山の金の産出量は日本一だそうです。



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

25-13~14 山幸彦(うつきね)は、鴨船と網を捨て、「そお」(日向)の「はで神」の瑞垣に至る

25-30 山幸彦(うつきね)は、鴨船と網を捨て、「そお」(日向)の「はで神」の瑞垣に至る(25-13~14)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





 かもあみすてゝ(25-14) 
ゆきいたる そをはでかみの
みつかきや うてなかゝやく



鵜戸の浜に着いてから、鴨船、網(間無堅網・目の込んだ網)を置いたまま捨てて、丘の方に向かいました。
そこでは、「そお」(日向)の「はで神」の瑞垣の高台が陽に輝いていました。




本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)として、2012年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回6月24日(水) 時間は、18:30~20:30です。
7月は23日(木)同時刻になります。

会場は「なかのZERO西館3階の学習室2」になります。
東京都中野区中野2-9-7  JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。