スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28-37~41 われはかんむり ひとぐさは みみちかきおぞ

28-27 われはかんむり ひとぐさは みみちかきおぞ(28-37~41)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




つねにきく さおしかやたの(28-37)(小笠原28-19)
わがかむり はとみもたみに
おをとどけ


勅使から常に報告を受けている八咫(大きい)の私の知識(冠)や、臣から身の回り・取り巻きの出来事を受けている日常身辺の事(は・衣)も、全て緒のつながりとして末端の一般の民まで伝えなさい。


 あわをつかねて(28-37)(小笠原28-19)
ひつぎなす(28-38)


私は「あわ」(天地)を束ねて(天上の神々から地上の臣民に至るまで配慮して)、日嗣をしてきました。(皇位を継承して政治を執ってきました)


 もすそをくめと(28-38)(小笠原28-19)
きみたみの おしえのこして
あにかえる


この「もすそ」(上からの底辺に至るまでの巾広い生きた教え)を汲んで(意向を正しく理解して)国を守り治めるよう努力しなさいと、君(後継の天皇)や、国民のために、遺言を残されて、天国に帰ります。
「もすそ」(着物の裾、末端に至るまでの意味。もすそ川、今のいすず川・他の綾で九州全土を中央から見て「もすそ」と表現している個所もある)


 とてないためそ(28-38)(小笠原28-19)
わがみたま(小笠原28-20


その故に、私のこと(私の御魂)を悲しまないでください。



 ひとはあのもの(28-38)(小笠原28-20)
うえにある(28-39)


人は天から授かったものですから、天上にいるものです。



 われはかんむり(28-39)(小笠原28-20)
ひとぐさは みみちかきおぞ


国を豊かに平和に治めるため、未来永劫、私は皆さんの声を包み込んで聞くための冠になりましょう。国民(あおひと草)の声は、私の耳でいつも身近で聞けるようにつながっている緒になります。
今でいう、無線のイヤホンをいつもはめているということでしょうか。


むねきよく みはあかつけど(28-39)(小笠原28-20)
みはあかつきど(小笠原本)


生まれつき私の心は清かったのですが、いつしか私の身には垢が付いてしまいました。

国民のこだかしい動きを見ているうちに目が汚れてしまい、悪しき訴えを聴いているうちに耳も汚れてしまった。鼻持ちならぬ教え歌(間違った話)をなだめ諭しているうちに心も汚れてしまったので、私はひたすら禊ぎをします。ということを息子の「くすひ・うびちに」に説いて聞かせる場面があります。



さしがみと あめにつくれば(28-39)(小笠原28-20)
さおしかの やつのきこえに(28-40)
あらわれて


「さしがみ」(相手に分かりやすく指し示す人・神)となって、天上に告げれば、「さおしか」(天上の八神、と・お・か・み・え・ひ・た・み)の耳に聞こえて全ての隠し事も明らかになります。
神様はお見通しです。お天道様はいつも見ていますということに繋がります


 いのれもがもと(28-40)
みもすその たみをなてつつ
さおしかの きよきにかみは(小笠原28-21)
ありとこたえき(28-41)


そして、神を信じて祈りなさい(神を通じて頼みなさい)。
教えの「もすその・下々まで」にいる国民を優しくなでて、「さおしか」(天上の八神、と・お・か・み・え・ひ・た・み)の力を得て、身を清めなさい。
そのために(国民を守るために)神(天照大神、ご自分の事)は天上にいます。と答えました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回12月14日(水) 時間は、18:30~20:30です。
来年は1月18日(水)で同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
スポンサーサイト

28-36~37 長生きし世に尽くしてきたことを歌に遺す

28-26  長生きし世に尽くしてきたことを歌に遺す(28-36~37)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 いやとよわれは(28-36)(小笠原28-18)
たみのため にがきをはみて
もなそみよ ふちいもとしを
ながらえて(小笠原28-19)


そうしたら、天照大神は、いやいや違います(いやとよ)。私は国民のために「にが草」(ちよみ草、はらみ山(富士山)に生えていた)を食べて長生きして尽くしてきました。
百七十三の御代に亘る二千五百年もの間、この世を存続させて国民のために尽くしてきました。


 あめのたのしみ(28-36)(小笠原28-19)
おぼゆれば よにのこすうた(28-37)


私はこの世の楽しみは全て味わって来ましたので、思い残すことはありません。世に遺(残)す歌(遺言の歌)を記します。今でいう辞世の句というのでしょうか。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-34~36 「さるた」に天照神は「まない」(あさひ宮)に自分の入る穴を掘らせ、諸神驚く

28-25 「さるた」に天照神は「まない」(あさひ宮)に自分の入る穴を掘らせ、諸神驚く(28-34~36)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています





やもかみを めしてわれよを(28-34)(小笠原28-18)
いなまんと さるたにあなを(28-35)
ほらしむる

「やおよろず」の(八百万)神を集めて、詔をしました。私はこの世から去ることにしました。そこで「さるたひこ」に自分が死ぬために入る穴を掘らせました。


 まないにちきる(28-35)(小笠原28-17)

「さるたひこ」に穴(岩倉)を「きぬ・まない神社」に掘らせて、天照神は自らその穴に入ることにしました。

「ひる・まないーきぬ・まない」(丹後地方、丹後ちりめん)


あさひみや おなじところと(28-35)(小笠原28-18)
のたまえば もろおとろきて
ととむれば(28-36)


「あさひ宮」(とよけの神が祭られている)に天照大神が同じ所で死にますと誓われたので、諸神は驚いて、まだまだ長生きしてくださいと止めました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-32~34 「せおりつ姫」と天照大神は宮を移し天命を知る

28-24 「せおりつ姫」と天照大神は宮を移し天命を知る(28-32~34)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 せおりつひめと(28-32)(小笠原28-17)
おおんかみ みやうつさんと(28-33)
みもかわに あのぼるちえて


「せおりつ姫」と天照大神は「いそべ」から宮を移そうと、「みもすそ川」に、天に帰って行く道(輪廻の思想、天の御柱)を得ました。

さこくしろ うぢのみやいに(28-33)(小笠原28-17)

天上(天界)に魂が帰る「さごくしろ」と「うぢの宮」に居られるところを同じ名前にしました。



ふよほへて ときにいそすず(28-33)(小笠原28-17)
みやにはえ つらつらおほす(28-34)
うえすして はえるもあめよ
わがいのち あめがしらすと


二十四年間、政治を執られてきました。その時ちょうど、五十本目の「すずの木」が宮に生えてきました。じっくりいろいろと思い起こすと、植えないのに生えてきたのは、私の天命ではないかと思えます。
自分の寿命を天が知らせました。
天照大神が自分の死を悟りました。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-32 伊雑宮に居られた天照神の十二妃も神となる

28-23 伊雑宮に居られた天照神の十二妃も神となる(28-32)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 ときにいさわの(28-32)(小笠原28-16)
あまつかみ そふのきさきも
かみとなり
(かみとなる)小笠原長弘本(小笠原28-17)


既に、「いさわのあまつかみ」(天照大神)の十二人のお妃も皆お亡くなり神になりました。

天照大神は「いさわの宮・伊雑宮」で政務を執られておられた。
「いさわの宮」(三重県志摩市磯部町上之郷)


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-31~32 「うつきね」は「みおやあまきみ」の名前を賜わる

28-22 「うつきね」は「みおやあまきみ」の名前を賜わる(28-31~32)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 おさむるたみを(28-31)
このことし あめにことふる
かみのなも みおやあまきみ


「うつきね」は治める民(国民)を、子の如く、我が子のように大切に扱ったので、天神の思いに応えました。
よって、天照大神から神の名も御祖天君(みおやあまきみ)という名前を賜わりました。
みおや神は下賀茂神社に祭られています。(かもみおや神社)



わかみやの ときによそよろ(28-31)
よのまつり またみそいよろ(28-32)
ゆたかなり


「うつきね」は若宮(皇太子)のときに、四十年の長きにわたり、政治を執られました。また、即位後三十五年の長きにわたり、政治を執られ、国を豊かにされました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-30~31 地神五代「かもひと」(うがやふきあわせず)は滋賀県の多賀の宮へ

28-21 地神五代「かもひと」(うがやふきあわせず)は滋賀県の多賀の宮へ (28-30~31)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 みこかもひとは(28-30)
ひつぎうけ みづほをうつす
たがのみや(28-31)


皇子「かもひと」(うがやふきあわせず)は日嗣(地神五代)を受けました。(皇位継承しました。)そして、瑞穂宮から多賀の宮(いさなぎ・いさなみがおられた所・滋賀県の)に移されました。

父である「うつきね・ひこほほでみ」は九州から「かも船」で船出して、産屋を作るよう先に行ったが間に合わず、産屋の屋根がまだ葺き上がる完成前に、後から来た奥方の「とよたま姫」が到着し、生まれたので皇子は「うがやふきあわせずの君」と言い、「かも船」で来たので実名を「かもひと」と名付けられました。別名「なぎさたけ」とも言う。途中で船が沈没したが泳ぎ切ったのを称えての名前になっています。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。


ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

28-29~30 地神四代「うつきね」は、本国(守山市みずほの宮)に戻り、「けゐの神」を賜る

28-20 地神四代「うつきね」は、本国(守山市みずほの宮)に戻り、「けゐの神」を賜る(28-29~30)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




もとくにの ひつぎをうけて(28-29)


「うつきね・ひこほほでみ」は、本国(以前にあった国、現守山市、みずほの宮)に戻って、日嗣(天皇の位・地神四代目)を授かりました。



あまかみの おやにつかふる(28-30)
きみのなも

「うつきね・ひこほほでみ」は、「天神(あまかみ)の親に仕うる君」(親のように仕えた)という名を賜わりました。
ここでの「あまかみ」は、天照大神を示していると思います。



 むそよろおさめ
けゐのかみ(28-30)


「うつきね・ひこほほでみ」は、まるまる六十年もの間、中央で政治を執られ、「けいの神」という名前(おくり名・死後)を賜わりました。

「けいの神」の「け」は器で、「けい・けひ」はふかしたご飯という意味があります。今で言うお弁当。
「うつきね・ひこほほでみ」(山幸彦)が、海幸彦にいじめられて(釣り針を返さなければいけないと)悩んでいた処、しおつちのおじに巡りあい、「けい」(弁当)を分け与えてくれ、敦賀から九州へいざなって運命が開かれた経緯があります。

「気比の神宮」、気比の松原、「いささわけ宮」(兄弟喧嘩が絶えなかった)が残っています。
「うつきね・ひこほほでみ」が亡くなったのは、大津の「四の宮」で亡くなっている。気比神社に祭られています。
奥方は「とよたま姫」で「追い枯れ」(殉死)され遺体は貴船神社に祭られています。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。


ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。