FC2ブログ

40-91~93 景行天皇は鹿島かぐらを楽しむ

初めてのページへ
目次のページへ


36. 景行天皇は鹿島かぐらを楽しむ(40-91~93)

 かしまかぐらの(40-91)
ししまいを とえはときひこ
これむかし いよにわたりて
ししはむを つちきみ。とりて
たてまつる(40-92)


鹿島神楽の獅子舞をご覧になりました。景行天皇は香取時彦に問いたところ、これは昔伊予に渡ったとき、獅子が人を食い殺すというので、猿田彦が捕まえて天照大神に献上しました。

 きみたのしみの(40-92)
かぐらしし やおろかしまに
あるかたち さわりなかれと
もてあそぶ さるたのかみの
なにしあふ (40-93)


天照大神は大変喜んで神楽(神様を喜ばす)獅子としました。八万年鹿島に伝わりました。
景行天皇は食いつかないでくれと言って遊びました。これは猿田神の名にふさわしいことです。


ジョン・レノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード