FC2ブログ

21-10 瑞垣を1年を4つに分け、10日ごとに振り分けた戸を9つの門に分ける

21-15 瑞垣を1年を4つに分け、10日ごとに振り分けた戸を9つの門に分ける(21-10)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



みつかきを としよつにわけ(21-10)
とはとふか ひかたにこかと
にがまだら ひふみにしるす


「みつかき」(瑞垣)を、一年の長さの四分の一(東西南北)に分けます。
その分けた四分の一に分けた「と・戸・門」を10日ごとに振り分けます。
それぞれの戸をさらに九つの戸(かど・門)に分けます。

よって、一年が四つに分けられ、更に10日ごとの九つの門に分かれることになります。

この計算では、1年が4x10x9=360日になります。
これは、後から出てくる、本来、一年365日と見ていた五日間を調整する記述と思しき内容が出てきます。

「ひかた」(一つの方角) 「こかと」(九つの門)

そして、その戸(門)を、
「に」(丹・瓊玉=赤く特に美しい玉)
「が」(黒・蛾・悪)
「まだら」(斑・どちらでもあり、どちらでもない中間)
の三つに分け、ひふみ・1・2・3に記します。


群馬県・金井東裏遺跡から、神聖な赤色顔料を丸めた直径8㎝程の「赤玉」が100個以上集中して見つかったとの報告がありました。ここで言っている「に・が・まだら」の「に」と何か関係ありそうな気がします。

2014/1/22読売新聞・文化歴史欄より発見の報告あり



本文の後ろの(xx-xx)は、小笠原長弘筆録本の中の(綾-頁)です。

ジョンレノ・ホツマ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会(3)が一昨年10月より再開いたしました

高畠精二先生のホツマツタヱのHP


ホツマツタヱ勉強会は、次回4月22日(火)時間は、18:30~20:30で
会場は「なかのZERO西館学習室4」(西館3階)になります。
中野区中野2-9-7 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かって約7~10分位になります。

参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

画面左側の「プロフィール」の下の方にある「リンク」にある
Hotsuma Essayは、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますのでご笑覧いただければ幸いです。

ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。
私も一員に加えていただいております。私の投稿した内容の多くは重複しているかもしれませんが、メンバーの方々の投稿も合わせてご笑覧いただければ幸いです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード