FC2ブログ

28-19~20 天照神は「いさわ」で政治をとり、「いせのみち」を教えた

28-12 天照神は「いさわ」で政治をとり、「いせのみち」を教えた(28-19~20)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




 あまてるかみは(28-19)
こえくにの いさわおうちの(28-19)
みやにいて


天照大神は肥え国の「いさわ」(今の伊勢神宮の別宮「伊雑宮、いぞう」)にある大内の宮(神議の場)で政治を執られておられました。


 やつおんみみに(28-19)
きこしめし


八人の参議からなる各地からの問題点の申し入れを、天照大神は、直接ご自身の耳でお聞き召されました。


 たみのおしえは(28-19)
いせのみち そのかんかせの(28-20)
いせのく


民(国民)を教えるのに、「いせ」の道を教えました。
「いせの道」を学ぶところは、神風(かんかぜ)が吹くこの場所を「いせの国」と言っています。
神が吹き起こす風、神の威力によって吹く風のことを言っています。
「かんかぜ」と呼ばれていたが、漢字化され神風(かみかぜ)となり、現在でも「神風が吹く」という言葉の語源にもなっていますね。

「いせ」とは男女の仲という意味合いもあり、子孫の繁栄に繋がります。

29綾に、神武天皇が、国見が丘で出陣に先立ち、作った御歌に
かんかせの いせのうみなる いにしえの やえはいもとむ
しただみの あこよよあこよ しただみの いはひもとめり
うちてしやまん」と読まれています。

13綾に、子孫の繁栄を願うには「いせの道」(男女の道)を学ぶことの記述もあります。
 すゑをおもひて むつましく わざをつとむる いせのみちかな
このみちを まなぶところは かんかぜの いせのくになり


36綾には 「ひのみこ」の「やまと姫」が、宇治へ行き、三宝が祭られる場所と決めるとき、「いせのかんかぜ」を参考にしていることが分かります。

やまとひめ うぢにいたりて みていわく これかんかぜの
いせのみや みくさはまつる みなもとゝ  いやまひかえす
あぐらいし


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP


高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は8綾が終了し、次回9綾に入ります。

ホツマツタヱ勉強会は、明日10月19日(水) 時間は、18:30~20:30です。
11月は11月16日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード