FC2ブログ

28-29~30 地神四代「うつきね」は、本国(守山市みずほの宮)に戻り、「けゐの神」を賜る

28-20 地神四代「うつきね」は、本国(守山市みずほの宮)に戻り、「けゐの神」を賜る(28-29~30)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




もとくにの ひつぎをうけて(28-29)


「うつきね・ひこほほでみ」は、本国(以前にあった国、現守山市、みずほの宮)に戻って、日嗣(天皇の位・地神四代目)を授かりました。



あまかみの おやにつかふる(28-30)
きみのなも

「うつきね・ひこほほでみ」は、「天神(あまかみ)の親に仕うる君」(親のように仕えた)という名を賜わりました。
ここでの「あまかみ」は、天照大神を示していると思います。



 むそよろおさめ
けゐのかみ(28-30)


「うつきね・ひこほほでみ」は、まるまる六十年もの間、中央で政治を執られ、「けいの神」という名前(おくり名・死後)を賜わりました。

「けいの神」の「け」は器で、「けい・けひ」はふかしたご飯という意味があります。今で言うお弁当。
「うつきね・ひこほほでみ」(山幸彦)が、海幸彦にいじめられて(釣り針を返さなければいけないと)悩んでいた処、しおつちのおじに巡りあい、「けい」(弁当)を分け与えてくれ、敦賀から九州へいざなって運命が開かれた経緯があります。

「気比の神宮」、気比の松原、「いささわけ宮」(兄弟喧嘩が絶えなかった)が残っています。
「うつきね・ひこほほでみ」が亡くなったのは、大津の「四の宮」で亡くなっている。気比神社に祭られています。
奥方は「とよたま姫」で「追い枯れ」(殉死)され遺体は貴船神社に祭られています。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。


ホツマツタヱ勉強会は、次回11月16日(水) 時間は、18:30~20:30です。
12月は12月14日(水)同時刻です。

会場が変更になります。
今までの会場「なかのZERO西館」が来年3月まで工事のため使えないので変更いたします。
10月以降の勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード