スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28-43 「さるたひこ」に遺言

28-29 「さるたひこ」に遺言(28-43)


こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています




またさるた むかしさつくる(28-43)(小笠原28-22)
さかほこぎ うつくしきすず
はいきたち かかんのんでん
ときまちて みちあらはせよ



また、「さるたひこ」に遺言をされています。
「さるたひこ」よ、昔、授けた、「さかほこぎ」(天のさかほこ)、
「うつくしきすず」(金鈴、あるいは銅鐸のことを言っているようにも思えたのですが・・・・・)、「はいきたち」(「は」は大地、上衣、の太刀)
の三つでもって、「かかんのんでん」(かがり火を焚いて、祝詞を唱え、鳴り物をするべき時まで、静かに待ちなさい。
そして、その時が来た時に、国のため進むべき道を指めしなさい。

数百年後、「さるたひこ」(子孫か霊か)が、やまと姫に出会って、伊勢の神風の伊勢神宮につながることを予言していたようです。

「さかほこぎ」、「うつくしきすず」、「はいきたち」は三種の神器の原点と思われます。
「は・いき」(地気・意気・土の活き・地の心・息)

「さかほこ」とは、逆らうものを治めるための鉾という意味になります(23綾)
「さかほこ」(逆鉾)も、横暴な(邪道・横利く者)正面(正しい方向)を向かず、横に逸れて行く者、すなわち、逆らう者を討ち治めて、国を正しい方向に向けるので、「たから」(宝)と言います。

「うつくしきすず」の「すず」についてですが、現在、神社にある鈴の原型になったと思われます。
その原型は、鈴石と呼ばれるものがあり、岩壺(岐阜県)とか、鳴石(奈良県)とも呼ばれているようです。
また、現在では褐鉄鉱とも呼ばれており、葦原だったところに鉄分を含んだ水が吸い寄せられ、その根の周りにリング状に水酸化鉄が析出してできたのが別名「高師小僧」とも呼ばれている。
見方によっては、形は鈴の原型になっており、集められた水酸化鉄(褐鉄鉱)は当時の太刀の原材料となる貴重な鉄資源であったと思われます。

タタラ製鉄の技法が入るまでは、自然にできるこの「すず石」を待ち望んでいたことが推測されます。
神社に鈴(錫・スズ)を掲げた経緯が納得できます。


ジョンレノ・ホツマ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

① Hotsuma Essay は、私のエッセイや書感などをたまに投稿していますので覗いていただければ幸いです。

② ノホホンの会 のメンバーの方のエッセイや書感があります。合わせて覗いていただければ幸いです。

③ 村田先生のウクレレレッスンは私の気分転換の時間です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


高畠精二先生のホツマツタヱのHP

高畠精二先生のホツマツタヱ勉強会が、2012年10月より再開いたしました。
以前の勉強会の様子ですがご覧になれます。
現在は9綾を勉強中です。

ホツマツタヱ勉強会は、次回1月18日(水) 時間は、18:30~20:30です。
2月は2月15日(水)で同時刻です。

勉強会の会場は中野区産業振興センター(旧:勤労者サービスセンター)になります。
東京都中野区中野2-13-14 JR中野駅南口より線路沿いに東に向かってコンビニ・サンクスの手前を右折、約5分ぐらいです。
中野駅からは「なかのZERO」より手前になります。
参加ご希望の方は直接会場にお越しください。参加費は500円(テキスト代込み)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。