FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊受神と天照神の誕生と背景を図表にしました。

現在、28綾の途中で、立ち止まって足踏み状態になっています。
再開までの間、今まで勉強会用に作成した図表のいくつかを投稿いたします。

豊受神と天照神 誕生までの経緯と背景
イサナギ(金沢)・イサナミ(仙台)が結ばれ、生まれた5人(一人は流産)の4人が生まれた状況が分かります。
①長女は幼名ヒルコ姫が筑波山で生まれるが、両親とも厄年であったためカナサキ(住吉の神)に育てられ、後にワカ姫となる。アチヒコに恋い焦がれ夫婦になる。アチヒコはオモイカネと呼ばれ、ワカ姫(和歌山)は後に下照姫と名を代えタチカラオを生む。
②2番目は淡路でヒヨルコを生むが流産。今の淡路は吾恥(アハジ)からきていると思われる。
③長男幼名ウヒルギがはらみ山(富士山)で生まれる。ウホルギ・ウヒルギ・ヒノカミ・クシヒルの子と呼ばれ、ワカヒトとトヨケ神よりイミナを授きます。アマテル神となります。
④次男は幼名モチキネで九州(ツキスミ)で生まれツキヨミになります。
⑤三男幼名ハナキネはソサ国(熊野)で生まれ、ソサノオになります。後にヒカワ神になります。
これらからも、イサナギ・イサナミは全国を駆け巡っていたことがわかります。
シラヤマ(白山)姫はイサナギの妹(姉)でキクキリ姫、ココリ姫とも呼ばれ、トヨクンヌ(カの国・アカカタ・赤県)のウケステメ(西の母神・西王母)と義理の姉妹の契りを結んでいます。
以上、図表の要約をしてみましたが、縄文後期(?)の壮大さが分かります。ホツマ図表 F1 豊受神と天照神誕生の経緯と背景




ホツマ図表 F1 豊受神と天照神誕生の経緯と背景
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。