fc2ブログ

「すもう」について35綾より抜粋

ホツマツタヱ35綾に「すもう」に関連したところがあります。抜き出してみました。
原文をのひらがな訳に、以前解読したものを追記・修正したものです。

「すもう」は、垂仁天皇(神武天皇から11代目)のときに始まりました。今の相撲とは違いますが、いくつか流れが読み取れます。

垂仁天皇は紀元前から紀元後の頃の方と思われます。「こよみ」はスズタケ(すず・竹)で暦を読んでいたようです。
ただし、スズ竹は一年に2回新芽が出るとのことで、現在の一年を二年分と計算されていたことがあったかも知れないという推論もあります。魏志倭人伝の年数と合わない一つであるかも知れません。
暦については、ホツマツタエの28綾にも記載がありますが、私自身まだ完全に理解できていないままになっています。

「すもう」について35綾より抜粋

 あるとみ「きみ」に
もふさくは 「たえまくえはや」
おゝちから ちかねをのばし
つのをさく かなゆみつくり
とこかたり
 これをふみはる
わがちから よにくらべんと
もとむれど なくてまかるや
ひたなげく 

ある臣(とみ)が君・垂仁天皇に申されるには、「たまえくえはや」という者が非常な力持ちである。
鉄(ちかね)を引き伸ばし、牛の角をへし折り、鉄の弓を作ることを、ところ構わず吹聴している。
この鉄棒を撓めて弓を張ることができる俺の力を、この世で力くらべをしたいが誰もいない。俺はこのまま誰とも力くらべしないまま死んでいくのか、とひたすら嘆いていました。

「きみ」もろにとふ
「くえはや」に くらぶるちから
あらんおや もふさく「のみの
すくね」なり 「ながおいち」して
これをめす

君・垂仁天皇は誰か「(たまえ)くえはや」と比べる力持ちはいないのかと、諸々の人に問いました。
すると、臣の一人が「のみのすくね」という者がいると進言しました。
君・垂仁天皇は、早速、「ながおいち」という臣に「のみのすくね」を呼び寄せるよう召されました。

 「のみのすくね」も
よろこびて あすくらべんと
みことのり ちからくらぶる
かみののり 「すまゐのさと」に
「はにわ」なし

「のみのすくね」もこれを聞いて喜びました。そして、明日、力くらべをやりましょうと詔が出ました。
「力くらべ」を「神ののり」を、神前(前天皇が住まわれている里)(すまいのさと)に、土俵(はにわ)を作りました。
(江戸時代までは、相撲、角力を「すまい」と言っており、また土(はに)を固めて作った事から今の土俵の元になったようです。)

 「たえま」は「き」より
「のみ」は「つ」に あいたちふめは
「のみ」つよく 「くえはや」がわき
ふみてまた こしふみころす
ときに「きみ」 「うちは」をあげて
どよませば とみもよろこび

「たえまえ(たまえくえはや)」は東(き)より、「のみ(のすくね)」は西(つ)から登場して、お互いにしこを踏んで(あい立ち)仕切りして立ち合って力を誇示しました。
「のみ(のすくね)」は強く、「(たまえ)くえはや」の脇腹を踏み倒して、更に、腰を踏んづけて殺してしまいました。
勝負あったとき、君(垂仁天皇)は「うちわ」を挙げてどよませました。(軍配の始まり)周りの臣たちもよろこびました。

「くえはや」が 「かなゆみ」および
「たえま」くに 「のみ」にたまわり
いえはつま つぎなし「のみ」は
「ゆみとり」ぞこれ

垂仁天皇は、「(くえはや)たまえくえはや」が持っていた金弓と、「たえま(たまえくえはや)」の国・領土を「のみ(のすくね)」に与えました。しかし、「たまえくえはや」の家は「たまえくえはや」の妻に残しました。
「たまえくえはや」には世継ぎの子供がいませんでした。そして、「のみ(のすくね)」には、「ゆみとり」の称号を与えました。

「ゆみとり」の称号は、「弓取り式」の原型であったようです。

相撲とは別に、37綾に「のみのすくね」の話が出てきます。

ひはず姫(ひわす姫:垂仁天皇の3代目正妃・5人姉妹の長女、イソギネ・ニシキイリヒコ、景行天皇の母親)の葬儀のときに「埴輪・はにわ」が始まります。
 垂仁天皇は、今までの追い枯れ(殉死すること)は良くないので良い方法がないものか相談されました。

「のみのすくね」は、殉死される、生きた人間に代えて陵に「はにわ」を植えて(建てて)納めることを今後の「ためし」(お手本)に提案しました。
君(垂仁天皇)は大層喜ばれ、詔をいたしました。
汝(のみのすくね)が計画したものは、私の思う心と同じで(良しと決定する)あるので、今後は「はにわ」で作った建物(殉死に置き換わる造形)を後世へのお手本にするよう定めまることとする。

 「のみのすくね」を
あつくほめ 「かたしところ」を
たまわりて 「はしのつかさ」ぞ

「のみのすくね」を大変誉めて、「かたしところ」という称号を賜りました。そして、土師部(はしべ)という役職(司:司る)に出世しました。

「かたしどころ」とは、
一つは「かたづける場所」「かたす所」から推測して作業場のある土地を示しており、良い土の取れる土地を賜ったと考えられます。
もう一つの解釈としては、「のみのすくね」がすもうをしたことより、勝負のかたをつける場所、(後世の土俵につながる)であったのではないかとも思われます。

「のみのすくね」の詳細が、風土記博物誌 三浦祐之著 岩波書店発行に記載されていました。
墓の写真のみ添付いたします。2023/1/22
のみのすくね墓

埴輪については後述予定。
2023/1/18

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード