fc2ブログ

埴輪は、どんな理由でいつ生まれたかが、ホツマツタヱに記述

埴輪:

先日、土偶についての謎が解けた本を見つけ、取り上げさせていただきました。
(土偶 130年間解かれなかった縄文神話の謎 竹倉文人著 晶文社発行) 

ホツマツタエと年代的にずれがあるようですが、大きな歴史の流れの中の一つを見ることができたと思いました。
今回、土偶と同じように古代の造形物の一つ埴輪について、取り上げました。
埴輪は、どんな理由でいつ生まれたかが、ホツマツタヱに記述されているからです。
それは、垂仁天皇のときとホツマツタヱ37綾に明確に記録されています。

一方で、中国の秦の始皇帝の時に、兵馬俑という大掛かりな遺跡の情報があったかどうか、関連性があったかどうかは不明です。年代的に、すでに兵馬俑のことが伝わっていたかも知れないと思われるからです。
ここでは、ホツマツタエの記述のみに注目します。

さて、なぜ埴輪が出現したかについて、埴輪ができるまでは、亡くなった方を埋葬するとき、お付きのものが一緒に生きたまま埋葬される風習・殉死があったからです。当初は、殉死された方は自ら進んであの世でも主人にお仕えするという心意気が全てであったのが、時代とともに習慣化されてしまい義務的になっていたような空気があったのではないでしょうか。

例外かもしれませんが、オシホミミ(天照神とムカツ姫との皇子)が亡くなられたとき、お妃の「タクハタチチ姫」は、天照神にお仕えする道を選んでいます。
神武天皇が亡くなられたときには、殉死された方はなんと33人にも及んだと記されています。

ホツマツタエ19綾より
 神武天皇の「おもむろ」を埋葬、殉死者は三十三人に(31綾-41~43頁)

ながつきの そふかつみえに
「おもむろ」を 「かしお」におくる
よそほひは 「あびらつひめ」と
「わにひこ」と とはずかたりを
なしはべる 「きみ」「とみ」ともに
「ほら」にいり 「かみ」となること
あすききて おひまかるもの
「みそみ」たり

(綏靖元年)九月(菊栗月、菊な月)の十二日「つみえ」(ほつま歴 3/60後の丙寅ひのえとら)の日に、神武天皇の「おもむろ」(死骸)を「かしお」(うねび山東北白檮尾)の陵に埋葬しました。
神武天皇の葬送のその時の状況(装い)は「あびらつ姫」と「わにひこ」(くしみかたま)とが無言でかしこまってつき従い、君の亡きがらと臣は共に洞に神になりました(追い枯れ、臣は生きたまま殉死されました)。
あくる日、お二人の殉死を聞いて、待女や従者たちは次々と君の後を追って殉死したものは三十三人にもなりました。

 よにうたふうた
「あまみこ」が 「あめ」にかえれば
「みそみ」をふ 「まめ」も「みさほ」も
とほる「あめ」かな

このとき、世の人々が唄った歌です。
天皇子(あまみこ)が天(あめ)に帰れば(天国に召されたとき)
三十三(みそみ)人が後を追いました。天には、忠(まめ)も操も通じています。

後世になり、垂仁天皇は、兄の死で、殉死(追い枯れ)の残酷さを目撃し、廃止を決意することになります。37綾-2~5

殉死に置き換るもの「埴輪」を考案し作り出したのが、相撲で名声を得た「のみのすくね」ということがわかりました。

 ふそやほかんな
ゐかまかる あに「やまとひこ」
ねつきふか 「おもむろ」おくる
「つきさか」に はべるひとらを
いきながら うづめばさけび
ついにかる 「いぬ」「とり」はむを
きこしめし あわれにおぼす

たまき宮28年十月(かんな:神々が並びいる月)五日、垂仁天皇の兄の「やまとひこ」が亡くなられました。(「やまとひこ」は崇神(すじん)天皇と「めくうし姫」との間に生まれた皇子。)
十一月二日に葬儀(おもむろ:死体を送る)が行なわれました。「つきさか」(地名:柏原の北側)に埋葬されました。
死体を1ヶ月近く風化させてから埋葬したことがわかります。

天皇を埋葬する時、「はべる」(部下・従ってきた人々)を、生き埋めにして殉死させました。
苦しがって泣き叫び続けてついには死に至りました。野犬や鳥が食いついているのを見、突付くのが聞こえきて、哀れに思いました。

「みことのり」 いきをめぐまで
「からする」は いたましひかな
「ふるのり」も よからぬみちは
やむべしぞ
そこで、垂仁天皇が詔を発しました。生きたまま(息をしている、生きている人を恵んでまでして)死に至らせる(からす)のは痛ましい限りである。
古い法典であっても、悪い教えは止めるべしと申されました。

垂仁天皇の兄の「やまとひこ」が亡くなってから、2年後に 「ひはず姫」(ひはす姫)の葬儀がありました。
この時から、埴輪が始まります。

 みそふほふづき
むかまつる 「きさき」「ひはづ」の
みをくりは もろとみめして
みことのり

たまき宮三十二年七月六日、中宮の「ひはず姫」(ひはす姫)がお亡くなりになりました。
垂仁天皇は、葬儀(見送り)について、諸臣を集めて詔を申されました。

「ひはず姫」(ひはす姫):垂仁天皇の3代目正妃でニシキイリヒコ・イソギネ(兄)、ヤマトオシロワケ・タリヒコ(弟)の母親)

 さきの「をひかれ」
よからねば このおこなひは
いかにせん

垂仁天皇は、今までの追い枯れ(殉死すること)は良くないことなので、今度の葬儀は殉死に代えてどのようにしようかと相談されました。

 「のみのすくね」が
もふさくは いけるをうづむ
ためしとは あにゐからんや
はからんと 「いつも」の「はしべ」
もゝねして 「はにでこ」および
「くさくさ」の かたちつくりて
たてまつる

「のみのすくね」が申し上げるには、生きたまま埋めるという「ためし」(お手本・見本・試すこと・前例に従うこと)は絶対にやめましょう。
考えて(図らん)見ましょうと言って、出雲の土師部(はしべ)多数に、埴でこ(土人形)及びいろいろ(くさぐさ)な形のもの(馬・舟・建物など)を作ってお納めしました。(奉りました)
 いまよりのちは
「はしもの」を いけるにかえて
みさゝきに うえてためしと
なすべしや

今後は、「はしもの」(土で作ったもの・「は」は「はに」、埴)を、生きた人間に代えて陵に「はにわ」を植えて(建てて)納めることを今後の「ためし」(お手本)にいたします。

 「きみ」よろこびて
みことのり なんじがはかり
わがこゝろ よしと「はにわ」の
たてものを のちのためしと
さたまりて

君(垂仁天皇)は大層喜ばれ、詔をいたしました。
汝(のみのすくね)が計画したものは、私の思う心と同じで(良しと決定する)あるので、今後は「はにわ」で作った建物(殉死に置き換わる造形)を後世へのお手本にするよう定めまることとする。

 「のみのすくね」を
あつくほめ 「かたしところ」を
たまわりて 「はし」の「つかさ」ぞ

「のみのすくね」を大変誉めて、「かたしところ」という称号を賜りました。そして、土師部(はしべ)という役職(司:司る)に出世しました。

「かたしどころ」の解釈について、
一つは「かたづける場所」「かたす所」から推測して作業場のある土地を示しており、良い土の取れる土地を賜ったと考えられます。
もう一つの解釈としては、「のみのすくね」が「すもう」をしたことより、勝負のかたをつける場所、(後世の土俵につながる)であったのではないかと思われます。
「すもう」・「のみのすくね」については、前回の項目と一部重複しています。

垂仁天皇の代に、「はにわ」が始まった理由や経緯がこの記述でよくわかります。
神武天皇の時には、部下たちは自ら進んで殉死したが、後世になって殉死するのが風習となって義務化されていたように思えます。

いくつか、語源となった言葉が見つけられます。
かる:枯れる:当時は人間が死ぬことも枯れるという表現をしていた。
追い枯れ:殉死、折れ枯れ:事故死、早枯れ:早死
からす:死体を埋葬するまで守って風化させる、死体処理すること、忌み嫌われる鳥になる)
2023/1/26 (日付の年間違えてました) 藤田 昇

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード