スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35綾 目次

ホツマツタヱ 35綾目次



ひぼこきたるすまゐのあや

新羅の皇子「ひぼこ」が来た綾、そして相撲の始まりの綾


35綾 目次

1. 「いそさち」皇子は「いくめいりひこ」(垂仁天皇)に即位(35-1~4)
2. 「さほ姫」を中宮にたて、都は「たまき宮」に移す(35-4~5)
3. 「さほ姫」が皇子「ほんづわけ」を生む(35-5)

4. 任那より使者が来朝、国交が開かれる(35-5~7)

5. 「もろすけ」(新羅の皇子「あめひぼこ」の長男)が臣に(35-7)
6. 新羅の皇子「あめひぼこ」が持参した土産物(35-7~8)
7. 新羅皇子の「あめひぼこ」の来朝の目的(35-9~12)
8. 「あめひぼこ」は国を巡った後、但馬に住み「またおお姫」を娶る(35-12~13)
9. 「あめひぼこ」の系図(35-14)

10. 「さほ姫」の兄「さほひこ」が垂仁天皇殺害の計画(35-15~17)
11. 天皇殺害の紐刀を兄は「さほ姫」に授ける(35-17~19)
12. 「さほ姫」は殺害を隠しきれないと知り、天皇に全てを話す(35-19~24)
13. 君(垂仁天皇)は「さほひこ」を討ち取りに(35-24~27)
14. 「やつなだ」が火攻めに、妃は皇子を抱いて出てきた(35-27~28)
15. 妃は自分の後見に「たにはちうし」の娘を願い、焼け死ぬ(35-28~30)

16. 「かばいつき姫」を中宮に立て婚礼の祝い(35-30~31)
17. 初めてのたなばたの神祀り(35-31~32)

18. 「たまえくえはや」という力持ちが力くらべの相手を(35-32~34)
19. 「のみのすくね」と相撲をとり、「たまえくえはや」を踏み殺す(35-34~37)
20. 「のみのすくね」は「ゆみとり」の勇士に(35-37~38)

ジョンレノ・ホツマ

初めてのページへ
目次のページへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。