FC2ブログ

32-26~27.「たけひてる」が「たまがわ」の神宝文を奉る

12.「たけひてる」が「たまがわ」の神宝文を奉る(32-26~27
(「たけだ」の祖がわかる)


初めてのページへ
目次のページへ




 ときたけひてる(32-26)
たまがわの かんたからふみ
たてまつる (32-27)



まさにこの時、「たけひてる」は、「たまがわ」(神々の御霊、意向が川の流れのように拡がる)の神宝文を奉りました。



これあめみまこ(32-27)
はらおきみ そのこかみよの
みのりえて いまにながらえ




この文は「あめみまこ」(天孫ニニキネ)、「はらおきみ」(天孫ニニキネの子供、ほのあかりの命)、その子の神代の御法(みのり)を得て今に永らえています。今日まで続いています。
この文で、「たけひてる」が、天孫ニニキネの子孫であることが分かります。

ににきねーむめひと・はらをきみ-たけひてるーたけとめ


ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード