FC2ブログ

13. 32-27~28.考霊天皇は「たけとめ」に「竹筒(たけづつ)草の祭り」(粥占い)を継がせる

13. 考霊天皇は「たけとめ」に「竹筒(たけづつ)草の祭り」(粥占い)を継がせる(32-27~28)
初めてのページへ
目次のページへ




きみえみて このたけとめを(32-27)
とみにこふ たけづつくさの(32-28)
まつりつぐ たけだのおやぞ



天君(孝霊天皇)は、大層喜ばれて、「たけひてる」の子供の「たけとめ」を「竹筒(たけづつ)草の祭り」を継ぐように臣に申されました。大臣に取り上げられました。
これが、「たけだ、竹田、武田」の祖になります。

また、この「竹筒(たけづつ)草の祭り」は、「粥占い」(かゆ=かい)のことであり、「甲斐」の国の語源にもなりました。
それまでは、「すわ・さかおり」と呼ばれていました。 (32-19)


ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード