FC2ブログ

32-46~48.孝元天皇は崩御され、六年後にご遺体を納め、喪から開放

33.孝元天皇は崩御され、喪に服す(32-46~47)

初めてのページへ
目次のページへ



 いそなながつき(32-46)
ふかまかる すべらぎのとし
ももそなぞ(32-47)


五十七年九月二日に崩御されました。すべらぎ(考元天皇)の年は百十七才でした。



 みこのもはいり(32-47)
いきませる ごとくみあえし



皇子(十六才で立太子になられた「ふとひひ」、後の開化天皇)は喪衣入りしました。先帝が生きておられるかのように御饗をささげました。



よそやすぎ まつりごときき(32-47)



四十八日目の夜を過ぎて(四十九日の喪に服す始まりが日本の仏教に取り入れられた)、祀りごと(政治)を再び復活しました。(聴きました。)



34.六年後に孝元天皇のご遺体を納め、女官も開放される (32-47~48)



むとせのち おもむろおさむ(32-47)
つるぎしま (32-48)




六年後に「つるぎしま」(剱池嶋上陵)に「おもむろ」(ご遺体:孝元天皇)を納めました。(納棺しました)



なつきすえよか(32-48)
めともやむなり




九月二十四日(末の四日)には、女官たちも喪から放たれました(殉死したわけでなく、喪から解放されました)。

ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード