FC2ブログ

32-48~50.「ふとひひ」(開化天皇)の即位の礼「かすがいさかわ」に遷都

35.「ふとひひ」(開化天皇)の即位の礼「かすがいさかわ」に遷都(32-48~50)

ここからは開化天皇の代になります

初めてのページへ
目次のページへ



ときあすず いもむそほふゆ(32-48)
めのそふか かすがいさかわ
にいみやこ(32-49)



時は、あすず歴五百六十年の冬、十月(雌の月)十二日、「かすがいさかわ(春日之地率川)」(奈良市内)に新しい都をつくりました。(遷都しました)



 みことしいそひ(32-49)
ねのそふか あまつひつぎを
うけつぎて(32-49)




皇子の年は五十一才で即位しました。
十一月十二日に「あまつひつぎ」を受け継ぎました。(皇位継承しました)




 いむなふとひひ(32-49)
わかやまと ねこひこあめの
すべらぎと(32-50)



実名は「ふとひひ」と言い、名前を「わかやまと・ねこひこ」と言いました。天(あめ)の統率者(すべらぎ)、すなわち、天皇となられました。


 たみにおかませ(32-50)
ははもあけ そふのきさきも
さきにあり




国民の前にお立ちになり、あら人神として拝ませました。即位を民に知らしめました。大嘗祭
先帝のお妃は皇太后に格上げされました。十二人のお妃が既に皇太子の時に揃っていました。


ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード