スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタヱ 31綾 目次

ホツマツタヱ 31綾 直入神 三輪神 の綾 目次
初めてのページへ
目次のページへ


神武天皇が正式に天皇の位についた後の内容です

31-1 全国を無事治めてきた勅使「高倉下」に紀伊国(きのくに)の国造(くにつこ)の大連(おおむらじ)の称号を与えられる(31-1~4)
31-2 高倉下は再度反乱の越後に行き説得、越後の国守と弥彦神の称号を与えられる(31-4~6)
31-3 神武天皇は久米の娘を妃にしようとしたが中宮に咎められる(31-6~7)
31-4 中宮の「いそすず姫」が皇子を生む(31-7~8)
31-5 神武天皇は「やひこ神」(高倉下)に酒の肴に「ゆり姫」を賜る(3-9~11) 
31-6 神武天皇は久米の館で「いすきより姫」(後の「ゆり姫」)と出会う(3-11~13)
31-7 神武天皇の息子「たぎし皇子」が、君の局(つぼね)に恋焦がれる(3-14~16)
31-8 神武天皇はゆり姫を高倉下に賜う(3-16~17)
31-9 ほほま(おおま)の丘に御幸され、神武天皇は大和の国を見渡して感激する(3-18~20)
31-10 神武天皇は「かぬながわみみ皇子」を世継ぎ皇子に定める(3-20~22)
31-11 神武天皇は遺言を残し神になりました(3-22~25)
31-12 神武天皇の葬儀を「たぎし皇子」が仕切る (31-25~26)
31-13 「たぎし皇子」の陰謀を「いそすず姫」が察知、我が息子に危機を知らせる(31-27~29)
31-14 若宮(かぬかわみみ皇子)は母親の歌に隠された暗号を読みとる(31-30~32)
31-15 若宮(かぬかわみみ皇子)は「たぎし皇子」の先手を討って行動を起こす(31-32~34)
31-16 兄の「かんやい皇子」は手足が震え、弟の「かぬかわみみ皇子」が「たぎし皇子」を射ち殺す(31-34~36)
31-17 「かんやい皇子」は自分たちが殺した「たぎし皇子」を手厚く葬り、「みしりつひこ」と名前を変える(31-36~38)

人皇2代 綏靖(すいぜい)天皇

「かぬがわみみ」実名「やすぎね」(たかおか宮)の綾
31-18 「かぬかわみみ皇子」が天皇に即位する。(綏靖天皇になります)(31-38~41)

31-19 神武天皇の「おもむろ」を埋葬、殉死者は三十三人に(31-41~44)
31-20 「かぬがわみみ」(綏靖天皇)のお妃たち(31-44~47)
31-21 大神神社(おおみわ)の御祭神の起源について(31-47~50)
31-22 筑紫より御幸の要請、「なおりなかとみ」が派遣される(31-51~54)
31-23 「住吉の神」、「直入物主」、「直入中臣」の三人は直り神として崇められる(31-54)
31-24 宇佐に「いとう」(善知鳥)の三女神 (31-54~55)
31-25 「ひこゆき」を「祀りの臣のすけ」にする(31-55)
31-26 みしりつひこ(「かぬがわみみ」綏靖天皇の兄)が亡くなる(31-55~56)
31-27 「かぬがわみみ」(綏靖天皇)の子供たち(31-56~57)
31-28 「あめたねこ」が亡くなる(31-57~59)
31-29 「かぬがわみみ」(綏靖天皇)が亡くなり喪に服す(31-59)

人皇3代 安寧(あんねい)天皇

「しぎひこ」実名「たまでみ」(うきあな宮)の綾
31-30 「たまで皇子」は喪明けで輪抜けで身を清める(31-60)

31-31 代が代わり、臣も全て新しく代わる(31-60~62)
31-32 「たまでみ」皇子誕生のとき、「たまでひこ」に取り上げられた(31-62~65)
31-33 綏靖天皇のご遺体を「つきだおか」に(31-65~66)
31-34 「たまでみ」(安寧天皇)のお妃が生んだ皇子たちと臣たち(31-66~71)
31-35 「よしひと」(おおやまとすきとも、後の懿徳(いとく)天皇)世継ぎ皇子になる(31-71~72)
31-36 三代目安寧天皇がお亡りになる(31-72~74)



人皇4代 懿徳(いとく)天皇

「おおやまとひこ・すきとも」実名「よしひと」
(かるまがりお宮)の綾
31-37 四代目懿徳(いとく)天皇が皇位継承(31-74~77)

31-38 安寧天皇をお送りする (31-76~77)
31-39 懿徳(いとく)天皇のお妃とその皇子たち(31-77~80)
31-40「かえしね皇子」を世継ぎ皇子に(後の孝昭天皇になる)(31-80)
31-41 懿徳天皇)はお亡くなりになる(31-81~83)


人皇5代 孝昭(こうしょう)天皇

「かえしね」実名「みるひと」
(かたきわきがみ・いけこころ宮)の綾
31-42 「かえしね天皇」(孝昭天皇)が天つ日嗣を受け継ぐ(31-83~85)

31-43 孝昭天皇のお妃たち(31-85~87)
31-44 孝昭天皇の中宮に「よそたり姫」(31-87~88)
31-45 中宮「よそたり姫」の兄が「けくに」臣に(31-88~89)

31-46孝昭天皇の中宮の「よそたり姫」が皇子を生む(31-89~90)
31-47孝昭天皇は次男の「おしひと」を若宮(立太子礼)に(31-91)
31-48孝昭天皇は長男の「おしきね」を「かすが親王」に(31-91)

31-49「かえしね」(孝昭天皇)がお亡くなりになる(31-92)
31-50皇子の神祀りに、兄の「かすが親王」は納得する(31-92~94)


人皇6代 孝安(こうあん)天皇

「やまとたりひこくに」実名「おしひと」
(むろあきつしま宮)の綾
31-51  孝安天皇は天つ日嗣を受け継ぐ(31-94~96)
31-52 孝安天皇のお妃(31-96~97)
31-53 孝安天皇は「むろあきつしま」に遷都(31-97)

31-54 稲穂虫が大発生し、孝安天皇自ら風ふの祀で祓う(31-97~98)
31-55 子宝に恵まれずやむなく春日親王の娘を内宮に(31-98~99)
31-56 孝昭天皇のご遺体を博多の洞に納める(31-99~100)
31-57 待望の「ねこひこ」皇子が生まれる。後の孝霊天皇になる(31-101)
31-58 「ねこひこ」皇子は世継ぎ皇子に(31-101~102)

31-59 駿河宮より「はらみ山」(現富士山)の絵を賜わるが受け取らず(31-102~103)
31-60 孝安天皇が亡くなる(31-103~104)
ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。