スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7綾目次 遺し文、刑罰(さが)を立法(たつ)綾

7綾目次 遺し文、刑罰(さが)を立法(たつ)綾

初めてのページへ
目次のページへ





紀元前の日本で、既に法治国家の形態をとっていたことに驚きます。


7-1  刑罰の取決め中に山陰より急使が来る(7-1)
7-2 書簡には「ますひと」(代官)が悪事を取り締まれないと訴え(7-2~3)
7-3 「ね」の国では「くらきね」亡き後、勝手な行動が目に余る(7-3~4)
7-4 直ちに「かんさひ」、「こくみ」、母「たみのさしみめ」、娘「くらこ姫」に出頭を命じる(7-5~7)
7-5 「こくみ」に三百七十科(三百六十科で死刑)の刑が言い渡される(7-7~10)

7-6 次に「しらひと」を裁判にかける(7-10~14) 
7-7 「しらひと」に四百十科(三百六十科で死刑)の刑が言い渡される(7-14~15)
7-8 「やそきね」を「ね」(北陸)の国神に(7-16~17)
7-9 「いさなぎ」と「くらきね」の待遇について(7-17)
7-10 「くら姫」と「あめおしひ」が婚礼、恩赦が適用される(7-17~19)

7-11 「そさのお」が結婚の儀を取り仕切り、報告に行く(7-19~20)
7-12 「そさのお」は「あさひ宮」に参拝の「はやうす姫」を見初める(7-20~21)
7-13 「そさのお」は、「はやうす姫」の父「あかつち」宮に結婚を申し込むが、許されませんでした(7-21)
7-14 「そさのお」は、失望し同情を求めて大内宮に入り浸る(7-21)
7-15 「ね」の局の「もちこ」「はなこ」に暇が出て、「とよ姫」が召される(7-22)

7-16 「そさのお」は剣を持つが押しとどめられ、天下を取りなさいと言われる(7-22~23)
7-17 「はなこ」(南の局)がこの光景を見てしまい中宮に告げる(7-23)
7-18 「もちこ」「はやこ」は、此処に居場所は無いと筑紫に左遷させられる(7-24~25)
7-19 男の子は父親の元におき、女の子は母親が育てます(7-25~26)
7-20 筑紫での二人は不満で怒っており、「あかづち」がこれを告げた(7-23~27)

7-21 局を解任された二人(もちこ、はやこ)は、怒り狂い「おろち」と化する(7-27~28)
7-22 「こくみ」等も二人(もちこ、はやこ)に加勢する(7-28~9)
7-23 「そさのお」は惚れた姫を殺されたことを知り、やけっぱちになる(7-28~9)
7-24 糺されて、怒り狂い、投げ入れた斑駒で「はなこ」は直撃死する(7-30~31)
7-25 天照神は「そさのお」を叱りつける(7-31~32)

7-26 「そさのお」は凶暴になり、天照神は岩窟に隠れる(7-33)
7-27 突然の日食に驚き祈祷をあげる(7-33~36)
7-28 常世の踊りを歌い踊る(7-36~38)
7-29 外を見ようとした天照神を「たちからお」が引き出す(7-38~39
7-30 「そさのお」に罪状が言い渡され刑が執行され始めた(7-40~41)

7-31 「むかつ姫」より情状酌量の申し出が届く(7-41~43)
7-32 「そさのお」は死刑執行から追放刑に軽減された(7-42~43)
7-33 神楽(かんくら)が始まり、天照大御神と名乗る(7-44~46)
7-34 「そさのお」は北陸へ行く許可を得、その前に姉に会う(7-47)
7-35 「そさのお」が来たと同時に、大地震が発生し、姉は恐れなす(7-47~49)

7-36 「そさのお」の様相と言い分(7-49~52)
7-37 姉は「そさのお」の本心を聞く(7-52~53)
7-38 「そさのお」は、姉に浮気の過ちを晴らしてから帰ると誓う(7-53~56)
7-39 「そさのお」の悪行の因果関係を、両神「いざなみ」「いざなぎ」が遺言に残す(7-56~60)

七綾完


ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。