FC2ブログ

8-40~42 天照神は御幸し自ら正体を調べる

8-34 天照神は御幸し自ら正体を調べる(8-40~42)

初めてのページへ
目次のページへ


 かえことあれは(8-40)
おおんかみ つつやにいたり(8-41)


天照神は「くすひ」の報告を聞いて、自ら正体を確かめるために「つつや、つつが」(今で言う牢屋)に御幸されました。



みたまえは かたちはまさる(8-41)
かほはいぬ


 牢屋にいる捕虜を見ると、外観は正に猿にそっくりで、顔は犬のようでした。


 そのもときけば(8-41)
むかしはは まさるにとつぎ
よよをへて みなさるごとく(8-42)


天照神はこの人のような猿のような捕虜に先祖のことを聞いてみました。すると、昔、先祖の母が猿と結婚して生まれた子孫が次々に生まれ、皆猿のようになってしまいました。

ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード