FC2ブログ

8-55~56 別の「はたれ」が各地に出現、天照神に御幸を乞う

8-45 別の「はたれ」が各地に出現、天照神に御幸を乞う(8-55~56)

初めてのページへ
目次のページへ



またはたれ ひすみひたかみ(8-55)
かぐやまと ふたいわうらに(8-56)
つくつげの


 また、別の「はたれ」が、日隅(ひすみ、青森)、日高見(陸奥)、香久山と二岩浦(二見ヶ浦)に舟が着いたことを知らせてきました。敵状を知らせてきました。
 


 くしのはひけは(8-56)
もろかみは たかまにはかり
みゆきとぞ ねがえばかみの



諸神達は櫛の歯を引いて櫛占いをして、高天(たかま、宮中)で神議しました。そして、天照神に御幸を乞い願うことに決めました。


この「櫛の歯を引いて櫛占いをした」という記述で、三十八綾に「ももそ姫」がこっそり「くしげ」を覗いたら中に子蛇がはいっていたという場面を思い出しました。
まだ、この八綾を読む前に三十八綾を読んだときは「くじ引き」のため(三日三晩に及ぶ、たたらのふいご係の番子の順番を決めるため)と勝手に思い込んでいましたが、占いに使っていた可能性もわかり、一つ前進しました。

ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード