スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ホツマツタヱ 15綾 目次

 ホツマツタヱ 15綾

みけ よろづ なりそめ の あや

御食 万物 成り初め の 綾



こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています


15-1 「くすひ」が父、天照神の禊ぎを不思議に思う(15-1~3)
15-2 無垢で生まれたが、理不尽な人々を相手にして、身が汚れた(15-3~4)
15-3 汚れを清めるため、六根清浄の禊ぎをして神の姿に戻る(15-4~5)
15-4 獣(動物)の肉を食べると血肉は汚れて早死にし、清菜を食べれば清められる(15-5~7)
15-5 昔から言い伝えられてきた長寿の食べ物について話すので聞きなさい(15-7~8)

15-6 万物の成り始めから話します(15-8~9)
15-7 埴は石、玉になり、粗金ができ、錫、鉛、金、銀、銅、鉄を取り出す (15-10~12)
15-8 土から抽出した粗金は踏鞴(たたら)で金属を取り出す(15-12)
15-9 草木が生じ、人の寿命は天地自然の理に従う(15-12~13)
15-10 魚は食べても良いが、獣は食べてはいけない (15-13)

15-11 石や玉は変わることなく永遠だが、金属は溶解すると色が変わる (15-13~14)
15-12 空、風、火、水から鳥が生まれ、火が勝つと魚になる (15-14~15)
15-13 埴、水、火、風で獣が、風が勝つと三音のキツネ・タヌキに、火と埴が勝つと二音のイノ・マシ(猪・猿)が生まれる(15-15~16)
15-14 月の水が降れば川の水に、空に浮かべば雲になり上空十八トメジの高さに浮かぶ(15-16~17)

15-15 雲は雨を降らせ、寒風に吹かれ雪になり、溶けて水に戻る (15-18)
15-16 夜月霊を受けた清めの塩で邪悪から免れる (15-18~19)
15-17 貝やうろこのある魚を火を通して食べると活力が得られる(15-19~20)
15-18 「うけもち」神が、苗を天に乞い、種籾が天から降ろされた(15-20~21)
15-19 「くにとこたち」の御食は米が主役でなく木の実や果実と思われる (15-21~22) 

15-20 「うけもち」神は初穂を八月一日に「とよくんぬし」に奉る(15-22 )
15-21 天照神は赤・白・黄の木綿和幣と、精米し炊き上げた米を「あめなかふし」神に奉げる(15-23)
15-22 元旦に粥と汁を供え、「うびちに」の代は毎月御食を供えた(15-24)
15-23 「おもたる」の代は不作が続き、種籾を「うけもち」の国を貰いに「つきよみ」を派遣(15-24~25)
15-24「つきよみ」を便所の前で出迎え、下肥の桶で米を炊くことに驚く(15-25~26)

15-25「つきよみ」は侮辱されたと思い「うけもち」を打殺してしまう(15-26~27)
15-26 帰朝報告をうけた天照神は自分を反省し、顔を見合せないよう祭り事を夜にする(15-27~28)
15-27「あめくま」を派遣、「かだ」から受け取った種籾を全国に配給、秋に豊作を迎え平和が蘇える (15-28~29
15-28「かだ」の命は養蚕も教え、庶民も絹織物を得られ、民の守り司と崇められた (15-29~30)
15-29 食材で米と魚は良いが、鳥は精がつき早く燃え尽きる (15-30~32)

15-30 誤って獣肉を食べたら大根を二ヶ月間食べ続けなさい(15-32~33)
15-31 鹿・牛・馬を食べたら大根、せり、生姜を三年間食べ続けなさい(15-33~34)
15-32 諏訪の神は鳥肉獣肉が寒さ凌ぎに必要と乞い願う(15-34~35)
15-33 和え物を食べなさい。魚や鴨を食べたら大根を食べなさい(15-35~36)
15-34 鳥肉獣肉について警告のお触れを出す(15-36)

15-35 獣肉を食べると血が汚れ、魂の緒が乱れ苦しみ、死後人間には戻れない(15-36~37)
15-36 日月の精霊を受けた米を食べれば、死後、天の元宮に戻れる(15-37~39)
15-37 私(天照神)は苦い千代見草を食べ、長生きし、民を治めています(15-39~41)
15-38 「くすひ」に「ここり姫」の語りを話す(15-41 )
15-39 赤県の「とよくんぬ」は「夏」(か)の国(殷王朝の前)を代々治める(15-42)

15-40「とよくんぬ」の子孫「うけすてめ」が「たまきね」のもとに来朝する(15-43)
15-41 「たまきね」は「うけすてめ」を「ここり姫」の妹として契りを結ぶ (15-43~44)
15-42「うけすてめ」は中国へ帰国後「ころびん君」と結婚、西王母となり「くろそのつもる」を生む (15-44~45)
15-43 西王母が、不老長寿の千代見草を求めて再来日する(15-45~46)
15-44 西王母から早死にの嘆きを聞いて天成神道を授ける(15-45~47)

15-45 天成神道 その一(15-47~48)
15-46 天成神道 続き (15-48~49)
15-47 天成神道 続き三 (15-49~50)
15-48 天成神道 続き四 (15-50)
15-49 天成神道 完 (15-51~52)

ジョンレノ・ホツマ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。