FC2ブログ

16-31~33 子供を宿した姫が不安を訴える

16-12 子供を宿した姫が不安を訴える(16-31~33)

こんにちは
目次のページへ
「ほつまつたえ」の文字の例です
48音で出来ています



をりしもに ひめのなげきは
こをおもふ かぜのともしひ(16-31)
たまこつむ



 ちょうどその時、姫の嘆きは、お腹の中の子どもを思うと、風に吹かれて今にも消えてしまいそうな灯(ともしび・灯した明かり)のようです。玉子を積み重ねているように今にも崩れ落ちそうな不安定な状態です。



 やすきひもなく(16-31)
みつをこひ あるはすをこひ
むなさわき



 心の安らぐ日が無く、常に喉が渇き水が欲しくなり、更には酸っぱいものが欲しくなります。そして、胸騒ぎして心が穏やかではありません。



 つらにのほせは(16-31)
ゑだひえて ひめもすなやみ(16-32)



しょっちゅう、顔がのぼせ(頭に血が上り)、手足はいつも冷え切って、一日中悩んでいます。

「ひめもす」=終日・ひねもす



みけたべず むねのいたみや(16-32)
めのくらみ



いつも、「みけ」(食事)が喉を通らず、胸が痛み、めまいがします。(目か眩みます)



 たまによきひは(16-32)
まめひらふ このいたわりも
つゝしみて(16-33)



たまに、気分の良い日には、豆拾いをします。でも、この作業(いたわり・苦労・労力を使うこと)も控えめにしています。



 よきとしのべど(16-33)
いまわがみ いきすひとゝき
よそじほど たらぬやまふの
かなしさよ



 子どもが宿り幸せであることをじっと耐えていますが、今、私の呼吸数が標準より四十回ほど少なくて、何かの病気ではないかと心配しています。

体温計も無かった当時、健康状態を見るのに呼吸数を基準にしていたようです。現在でも、呼吸法(深呼吸・腹式呼吸)は自律神経を整えることにより免疫力を高め、唯一、自分の意思で、内蔵の調子を整えることができる方法ということが分かっているようです。

ジョンレノ・ホツマ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

jhonreno

Author:jhonreno
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード